ユーチューバーにとってはより稼げない厳しい時代の到来!2018年2月20日から『YouTube 』プログラムの利用資格要件変更が適用される

スポンサーリンク

2018年1月16日の発表で
弱小YouTuber
震える!

以前、ユーチューバーのことについて
こんな記事を書いたことがあります。
楽して稼ぎたくてYouTuberに、しかし現実はブログで稼ぐより厳しい世界

楽して稼ぎたくてYouTuberに、リスクを負う覚悟も必要

ユーチューバーが
動画でどうやって稼ぐのかというと、
主となるのは広告収入な訳ですが、
それには
『YouTubeパートナー・プログラム』
審査をクリアして、自分の動画に
広告を貼る資格を得なければいけません。

2018年1月16日、
YouTubeが新たな「パートナープログラム」
資格要件を発表。
YouTube パートナー プログラムの概要より抜粋

チャンネルの過去12か月間の
総再生時間が4,000時間、
チャンネル登録者が
1,000人に到達すると、
このプログラムに参加できるか
どうかが審査されます

これはつまり、新規参入者は
例え動画をYouTubeにあげても

”1年以内に総再生時間を4000時間、
チャンネル登録者を1,000 人に到達”

これをクリアしないと
広告を貼る資格はないよ~!
=YouTubeで広告収入で稼ぐことは
できないよ~と言っている訳でございやす。
(・・;)

新規参入者も既存ユーザーも
待ったなしの高い壁となる
資格要件が適用

この資格要件ですねぇ・・・。
どちらか一方の条件を満たせば
良いのではないのですよ、
プログラム参加にはその方が必要となるそう。
そして、例え条件を満たしたとしても
それだけでは単に
YouTubeプログラムに参加可能か
どうかを審査される権利を
獲得した段階に過ぎないというのが
「キビシー!チクショー!(@_@)」
と叫びたくなりやすね。

で、要件を両方満たさなければ
どうなるかというと、当然

動画に広告を表示できなくなります
チーン!_| ̄|○ il||li

現行の利用資格要件である
全期間の視聴回数 10,000回からの変更が
2018年2月20日より適用されやす。
ちなみに先の記事で述べた
オイラが2年前にUPした動画は、
現在までで視聴回数77回、
チャンネル登録数1人と
相変わらずお粗末なのですが、
しかし作った本人ですら
久々にマイチャンネルを確認して
びっくりの事実(;゚Д゚)エエー
登録者いたんかい!?である(笑)
勿論現資格要件ですら満たしていないので
広告など貼られていない
オイラみたいなレベルのユーザーには
ハナっから影響も無い訳ですが、
中途半端にしか稼げない(失礼!)
細々と収益を得ているユーザーにとっては
大変な死活問題でございやす。

この「パートナープログラム」資格要件は
新規参入のユーザーだけではなく、
既存のユーザーにも適用されるので、
2月20日時点で新要件を満たしていなければ

容赦なく
YouTube「パートナープログラム」から
チャンネルが削除されることに
(( ;゚Д゚))ブルブル

なぜこんなに厳格化するのか?
その目的は
「弱小ユーチューバーに充てるコスト・作業が
勿体無いから削減しちゃおうぜ!」
という事情も含まれているでしょうし(笑)
『悪害を与えるコンテンツ・ユーザーの排除』
『優良なコンテンツを提供する
ユーザーを尊重するぜ!!』
という姿勢を示すということのようです。

知恵を絞って時間もかけて
この人の動画なら継続して見たいと思わせる
動画を作成し、
それ相応の結果が求められ、
条件を満たしてスタートラインに立てても
それを継続していかなければいけないのです。
YouTubeで稼ぐことへのハードルは
よりより高くなりやした。
(´ε`;)

スポンサーリンク