副業の所得が20万以下でも住民税の申告は必要!!ブログの広告収入やポイントサイト収入分の住民税申告を行ってきた

スポンサーリンク

本日から確定申告と
住民税の申告が開始

毎年この時期が始まると、
TVでも芸能人が確定申告をする様子を映して
アピールしておりやすが、
今年も2月16日から3月15日までの期間、
個人事業主・フリーランスの皆様にとっては
頭の痛い確定申告が始まりやした。

同時期に市民税・県(都・府)民税の
申告も行われておりやす(・ε・)

以前こちらの記事でも書いたとおり
ネット副業の所得が20万以下の底辺兼業ブロガーでも必要な申告がある
源泉徴収還付金と来年の住民税がいくらになるかを計算してみよう
給与所得以外で収入がある場合は、
金額に関わらず別途申告が必要となりやす。

まず所得税
昨年1月1日から12月31日まで
収入から必要経費を差し引いて
残った金額が以下に該当する場合、
確定申告が必要
給与所得のある人→20万以上
給与所得の無い人→38万以上

住民税
昨年1月1日から12月31日まで
収入から必要経費を差し引いて
残った金額が発生する場合、
金額がいくらかに関わらず
確定申告が必要となりやす。
会社で代行してもらえる
源泉徴収というのは
給与所得のみが対象なので、
給与以外の所得が発生した場合は
別途申告しなくてはいけないのですねぇ

ブログやポイントサイトで
得た収入は立派な所得

意識は単なるお小遣い稼ぎのつもりでも、
ポイントサイトで得た収入
自サイトに貼った広告の収入
アフェリエイトで得た収入は
立派な課税の対象となる所得なのでございやす。

本日オイラ、
住民税の申告をして参りやした
( ̄▽ ̄)ノ

オイラの場合は給与所得有りで
他所得は20万超えはしなかったので、
確定申告は不要で、今回は
住民税の申告だけだったのですが、
やってみるまでは難しそうと思った申告も
実際はあっさりスムーズに事は運びやした。
徴収される住民税は
給与所得だけで試算した場合より
当然増額しやすが(´ε`;)
しっかりした正しい情報を皆様にお届けでき、
ブログの美味しいネタとなると思えば
十分意義のあることでございやす。

今回のオイラが実践したことを
レクチャーしていきたいと思いやす。

申告前に行うこと

①副業での所得額の算出

まずは前年1年間で
給与所得以外でいくら稼いだのか
確認しなくてはいけやせん。
ちなみにポイントサイトの場合は、
ポイントが発生した時点ではなく
換金等をした時点で所得となりやす。
申告時にも提出の必要がございやすので、

必要書類として
金額と振込先(ポイントサイトの運営会社)の分かるもの、
昨年1年間の
銀行の入出金明細
コピーを用意しやしょう。

オイラは自分も係の人も計算し易いように
副収入の入金額と振込先にはマーカーを引きやした。
これで副収入分のトータル金額を出します。

②経費の算出

副業をするために発生した支出で

経費として
認められそうなものの、
領収書やクレジットカードの
利用明細のコピーを用意します。

これらは申告の際、
実際に経費分の書類として提出いたしやした。
これで経費額の合計を算出しやす。

発表!!
オイラの昨年の副業収入は
いくらだったかというと?

さて、前年のオイラの
副業の収入額の発表にもなってしまいやすが、
算出した結果はどうだったかというと?

◆ポイントサイト収入
123,946円
◆ブログ収入(Google AdSense広告収入)
43,024円
合計166,970円でございやした~
(人´∀`).☆.。.:*・゚
いや~ありがたいねぇ

で、経費となるであろうものは、
以下こちらで記事にした
有料でもこれにする価値があるWordPressテーマ「ハミングバード」ブログ収益化への道その8
始めたキッカケはブログ収益化への道その1

・レンタルサーバー代 16,200円
・WordPressテーマ「ハミングバード」
の購入代 7,980円
そして、PCで副業を行っているのだから
・プロパイダー・光回線費
こちらも経費にあたらないかということで
一応取っておいた1年分の領収書を申告時に持参。
結論から先に言うと、

3つとも経費として認められやしたーーー
(ノ・ω・)ノ

ネット料金は住民税申告時に
経費として認められるか相談したところ、
当然、副業時以外にも
使うものなので1年分のトータル金額を
按分した分を経費として申告してくださいとのこと。
けっこうアバウトな感じで
「そっちで決めちゃった金額で良いですよ~」と
言われ逆に困りやしたが((汗))
とりあえず6割分を仕事で使用としたとして、
経費として申告いたしやした。

プロパイダー・光回線費のネット料金
経費として認められるので
(ただし自分名義じゃないと厳しいかも)
毎月の領収書を
失くさずに取っておきやしょう!
(゚∀゚)

③他必要書類の準備

他、以下のコピーも提出書類となりやす。
【給与所得があった場合】
・源泉徴収票
【控除がある場合証明書類】
・生命保険料控除証明書など

住民税の試算と申告書の作成

さて、住民税を申告するには、
当然申告書を作成しなくてはいけない訳で・・・
申告会場に書類は用意されておりやすが、
そこで記入を行うのは時間がかかりやすので、
事前に作成しておくことをオススメ。
各地方自治体のHPの税金のカテゴリーに行けば
『個人市民税・県民税 税額シミュレーション』
という外部リンクが
たいてい用意されておりやすので、
こちらを利用すると、
試算および申告書の作成までできてしまいやす。
オイラはこちらから申告書を作成しやした。
(人´∀`).☆.。.:*・゚

👇
「複数の収入がある方」を選びます

👇
生年月日を入力し、
給与所得がある場合は、
「給与所得の源泉徴収票」をクリック

👇
源泉徴収票と同じ形式の
フォームとなっているので、
源泉徴収票を見ながら
金額の記載がある箇所を
同じように入れていけばOK
終了したら下の「入力完了」をクリック

👇
次に他の所得金額を入力していくので、
「所得金額(総合課税)」のタブをクリック

👇
ポイントサイトやGoogle AdSense収入は
雑所得と分類されやすので、
「雑(公的年金等・その他)」欄の
「詳細入力」をクリックしやす

👇
今回算出した所得額と経費を
収入金額と必要経費に入力。
ちなみにこの時点では、
経費はネット料金は加えませんでした。
終了したら下の「入力完了」をクリック

👇
他、控除項目がある場合は、
該当タブをからその項目の
詳細入力をしていきます。
不明点は注意事項のリンクで
別途確認できるようになっておりやす

👇
すべての入力が終了したら
税額計算ボタンをクリックして試算

👇
試算結果が出てきます。
市民税・県民税申告書を作成したい場合は
「申告書作成」ボタンをクリック

👇
これまで入力した内容をもとに
申告書が作成され、
PDFで表示されるので印刷します。

👇
手書きで記入する部分がありやす
・一番上の住所や氏名、
マイナンバー番号等の記入・押印
・2P以降の各事項の該当箇所
雑所得の場合は下の
「9 雑所得(公的年金等以外)に関する事項」
記入が必要です。

何を記入をするかというと、
[種目]
雑所得の種類
Google AdSenseの広告収入は→
そのまま広告収入として、
ポイントサイトで得た収入は
どう記入すれば良いのか不明で
申告時に確認したところ、
と記入しておけば良いそうです(笑)
もし申告する機会がある場合は覚えておきやしょう!
[所得の生ずる場所]
自宅で作業している場合は、
自宅の住所を記入してください。
[収入金額]・[必要経費]
分けた雑所得の
それぞれの収入金額と必要経費を入れます。
該当する各項目に記入漏れがないか
確認し、申告書の作成は完了です!

住民税の申告

いよいよあとは申告書類を提出するだけです。
再度確認です、持参するものは

・市民税・県(都・府)民税申告書
・収入を証明する書類(コピーで可)
・経費を証明する書類(コピーで可)
・給与所得があるなら源泉徴収票(コピー)
・各種控除書類(コピーで可)
・マイナンバーカード
・筆記用具・印鑑

いざ申告会場へ出陣

会場は管轄の各地方自治体で
いくつか税事務所が設けられていると思いますが、
住民税の申告であれば
管轄の役所でも行ってくれる筈です。
遠出する手間が省けやすε-(´∀`*)ホッ
本日行ってまいりやしたが、
初日なのか想像以上に人がゴッタ返しており、
番号札を持って待つ始末。
投函箱も設けられており、
係のチェックなどは不要という人は、
申告書類を封書に入れて
投函すれば税事務所に郵送されやす。
オイラは色々チェックしてもらいたかったので
待ちやした。30分くらい待たされたかなー。
番号を呼ばれ、いざ申告!
係の人が持参した書類を1つ1つチェック。
不明点は確認し、
金額等の修正があれば二重線で消し
訂正金額を記入。
ポイントサイトって言っても
「ナニソレ?」という対応をされるかと
思いやしたが、
意外と話は通じ、
税事務所の人にも認知されているよう。
きちんと申告する人増えているのかもしれやせんね。
副業分も含めると、
最終的には給与所得だけから算出した場合より
納税額は18,000円程増額になりそうです。
ちなみに会社に勤めている人で、
副業を会社に知られたくない場合は、
申告書の
「5 給与・公的年金等に係る所得以外の
市民税・県民税の納税方法」
自分で納付(普通徴収)にしておくと
給与所得分以外の住民税の納税分は
納付書で納付することができるので安心♪

払う税額は増えやしたが、
給与以外で収入を得ている実感が湧き、
微々たるものでございやすが、
自分が副業を持っていることを
なんだか頼もしく感じられやした。
貴重な経験でございやした。
(*´艸`*)

スポンサーリンク