民事再生法適用申請に伴いタカタ株式の売買が終日停止。整理銘柄へ

スポンサーリンク

製造業としては戦後最大の経営破綻

エアバッグが世界で2割のシェアを誇っていた
自動車部品大手のタカタの
民事再生法申請が現実となった。

タカタ株、整理銘柄に指定=東証
【時事ドットコムニュース
2017/6/26配信記事より】
東京証券取引所は26日、
民事再生法適用を申請したタカタの株式の売買を終日停止した。
併せて同日付で整理銘柄に指定

先日コチラの記事を書いた続きとも言える
本日(2017年6月26日)の記事です。
タカタ株仕手株にしてやられた?株価が急反発で上がる
6月23日(金)の終値が160円。
週明けの株価がどうなるのかと
思っておりやしたが、
あっけなく売買停止となりやした。
(´・ω・`)

株式市場では取引はあと僅か


民事再生法が適用された会社の株って一体どうなるの?タカタの民事再生法申請に思う

でも書かせていただきやしたが、
民事再生法適用申請をした銘柄は
「整理銘柄」となりやす。

民事再生法の適用を
申請した時点
「整理銘柄」に指定されるので、
申請日である2017年6月26日をもって
タカタ株は「整理銘柄」へと移されやした。

yahoo!Japanファイナンス
より引用させていただきやすが、
売買停止状態の株のチャートってこんな風になるのね・・・(( ;゚Д゚))ブルブル

上場廃止目前の株に価値を見出す人も

ですが、整理銘柄になったとはいえ、
上場廃止となる1ヶ月後の
7月27日の前日7月26日までは売買は可能。
整理銘柄となったタカタ株は
本日時点で一旦売買停止となっているものの、
「整理銘柄」へ指定した旨を周知した上で
売買が再開されやす。
猶予が1ヶ月ということで、
整理銘柄株というものは
値動きが相当激しくなりやす。
上場廃止が決まった銘柄は安く買えるので、
一番高く売れる時に売れば
たった1日で大きな売却益を得られる。
ヮ(゚д゚)ォ!
この特徴を上手く利用して、
短期的な儲けを狙う
デイトレーダーや仕手筋もいるため、
「整理銘柄」というのは投資の玄人筋には
案外人気があったりするそうな。
( ゚∀ ゚) ヘェ
ですが、先日も書いたように
買うのは自由ですが、
この完全なる「マネーゲーム」に
勝ち抜けできる自信がある人だけに
しておきやしょう。
初心者が簡単に手を出す代物ではございやせん。
(`・ω・´)キリッ
全く無縁、お呼びもかかっていない
世界であるので、
オイラは2ちゃんでそのマネーゲームの様を
眺めさせていただくだけでございやす。
(´д`)

嘘でしょ!?最終的な価値は1円へ

で、下克上のマネーゲームの終焉は
1円という株価になるであろうと言われている。
同じく以前上場廃止となった日本航空も最終売買日は
1円の終値となったそうな。
(( ;゚Д゚))ブルブル
これは・・・上場廃止予定の銘柄の保有者は
何が何でも早めに売り抜かなければなりやせん。
上場廃止後、過去の民事再生法が適用された会社
のご多分に漏れず、おそらくタカタも
100%減資を実施することでしょう。
そうなると株式の価値は事実上ゼロ。
この段階まで来てしまったら
「出資した人の自己責任ねチャンチャン♪」が
本当にまかり通るのである。

改めて投資というのは、
最終的には自己責任。
知恵を使って少しでもリスク回避。
自分で自分の尻拭いをしなくては
泣きを見る世界であるのですねぇ・・。
(-ω- )

スポンサーリンク