3月と9月は株主優待銘柄を買うのに適した月

スポンサーリンク

安値で買って高値で売るんじゃー!!
常にチャートから目を離すんじゃねー
(`□´)ウラァ!
というデイトレとかの短期保有の世界とは違い、

基本的には長期保有のつもりで
応援したい会社の株を買って株主となる。
お礼にその会社から自社商品などの返礼品を
頂いちゃったりするほのぼのな世界。
キャッキャ(*´∀`) (´∀`*)ウフフ
そう「か・ぶ・ぬ・し・ゆ・う・た・い♪」

桐谷広人氏と株

何と言っても、
株に全く興味の無い層にまで
この制度を広く認知させたのはこの人の功績。
「桐谷さん」と言えば、
桐谷美玲かこの人の二択でしょっていう位
世間の認知度は高い。
2012年頃からTVにて
株主優待で生活のほとんどを賄っているという
驚愕な私生活が紹介され、
一気に注目される存在に。
どんな具合の株主優待依存かというと・・・。


【Wikipediaより】
株主優待を活用することで生活費はほとんど現金を
使わない。
将棋棋士としての記憶力から、数多くの商品券の
使用期限を全て把握している。
自分にとって利用価値が低い
期限付き商品券については
金券ショップに売っており、
様々な方法を駆使して高く売却するように心がけている。
現金を使うのは家賃と光熱費とインターネット使用料程度で、
これらの支払いも株式の配当金で賄うことができる。


そう、桐谷さんは元プロ棋士という
経歴をお持ちなんですなぁ( ゚∀ ゚) ヘェ
その将棋士時代に、
証券会社の将棋部に将棋を教えており、
(東京証券協和会将棋部の師範をしていた)
そこで株を教わったのがきっかけで、
株に目覚めたそうな。

「けどさー、
そんな生活のほとんどを株主優待で賄えるなんて
相当な株持ちじゃないと無理じゃね?」
と思った貴方、Oh Yes!
大正解( ̄▽ ̄)ノ
2006年時点では株式を約400銘柄
時価3億円分を保有し、
そのうち1億円が優待銘柄だとよ。
(ただしリーマンショック後無茶しすぎて
2013年時点で株式の時価は
約5000万円にまで激減したそうな)
株主優待で生活必需品を賄ったり、
商品券を金券ショップに売り行って換金なんて
みみっちーことをしなくても
既に超資産家。
桐谷さんにとって株主優待生活は
単なる金持ちの道楽にすぎないのさ。

今や証券会社のHPや月刊誌等沢山の
レギュラー連載を持ちで
さらに出てきた当初よりも
更にウハウハな財を築いていることであろう。
自転車で走り回っている姿だけを見て
ホンマモンの庶民のオイラ達と
一緒にして良いお方ではないのさ
(´;ω;`)ウッ…

株主優待って憧れるー♪

そんな桐谷さんの影響で
昨今は株主優待の豪華さ目当てで
購入する株の銘柄を決める人も
多くなり、
そんな需要に答えた
お得な株主優待銘柄情報サイトが
沢山ありやす。
証券会社のHPでも
株主優待銘柄のコーナーが設けられていたり。
オイラも株主優待に興味をそそられた1人

株主優待を貰う権利を得るには?

各企業が定めた「権利確定日」
株主名簿に名前が記されていれば、
株主優待制度を受ける権利が得られやす
(株主配当も同じく権利確定日に名前が
あることで配当を受ける権利が発生)
( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ♪
その権利確定日の月は企業によって異なりやすが、
月末がその日にあたることが多いっす。
なので「●月度株主優待銘柄」なんて
月ごとに銘柄が一覧になっているサイトが
多くありますね。
実際に優待品が貰えるのは
まだ先になりますが、
とにかくこの権利確定日に名前の登録を
されていることが必須条件。

権利確定日に株購入では遅い

しかし、
株主名簿に名前が記載されるには
期間を要することもあり、
株式市場が開いていない日を除いた
権利確定日の3営業日前まで
その株式を購入しておかないといけやせん。
この3営業日前の日のことを
権利付き最終日(権利取り日)といいやす。

3月末権利確定銘柄は2017年は3月28日(火)までに購入せよ!

例えばこの記事を書いているのは2017年3月26日でやす。
2017年3月31日(金)が権利確定日の場合、
2017年3月28日(水)15時までに株を購入しておく
必要があります。
残念ながら株を購入できる金融機関に口座が
一つも無い人は、
今月権利確定日の銘柄を購入することは
難しくなるでしょう。
(口座開設にも時間を要するので)
次回までのお楽しみとなりやす。

権利確定日の直近は株価が高騰する
権利確定後は株価が下落する

当然株主優待や配当目当てで購入する人が
権利確定日直前には増えるので、
購入者が増えるということは
株価が高騰しやす。
逆に権利を得るための購買最終日である
権利付き最終日の翌営業日のことを
権利落ち日といいやすが、
この権利落ち日を迎えると、
株価は一気に下落しやすくなりやす。
なぜなら
株主優待や配当を貰える
権利獲得だけが目的なので、
獲得したらさっさと売ってしまおうという
投資家もいるため。
そのため
権利落ち日になると売却が増えて
その株は価値が薄まり
株価が下落するのです。

しかし
安い時に買って、高い時に売ることによって
利益を得るという株の仕組みからすると、
優待や配当目当てではない
投資家の視点から見て、
欲しい銘柄は権利落ち日を狙うと
安く購入できるというということにもなりやす。

3月と9月は株主優待・配当銘柄が
豊富

3月は上場企業の決算が最も集中しやすし、
9月も半期決算ということで
権利確定ができる月は3月と9月が
ダントツで多いです。
(3月と9月の年2回権利確定がある銘柄もありやす)
株主優待株として大人気の
コロワイド (7616)も
権利確定日は3月31日となっておりやす。
ただし、9月にも権利確定日がありやす。
500株保有すれば、
コロワイドグループ店舗で利用できる
10,000円相当の優待ポイントが
年4回付与されるという!!!
(つまり40,000円相当!!)

あと人気なのはイオン(8267)
こちらは2月と8月が権利確定日なので、
次回8月まで待たなくてはいけやせんが、
株数に応じて割引カードが付与されやす。
100株保有で3%
~3,000株保有で7%
+2月のみ、かつ3年以上継続保有した株主のみ
ギフトカードも貰えちゃうんですなぁΣ(゚ω゚)

しかし株というのは100株単位で購入するのが
デフォルトで、
上記2つの銘柄は最高位の優待を受けようと思ったら
100万前後のお金が必要となりやす。
オイラには無理ゲーな世界
。・゚・(ノД`)・゚・。

諦めるのはまだ早い!
10万以下で購入できる銘柄

1,000円以下の株値なら
100株でも10万以内で購入できやす!
(≧▽≦)
例えば、上記に挙がった
コロワイドの傘下のアトム (7412)なら
現在737円前後の株値となっておりやすので、
100株でも73,700円程で購入できる!!
100株保有で2,000円相当の優待ポイントが
年2回(4,000円相当!!)付与となりやす。
まだ庶民にとって手の届きやすい
10万円銘柄も沢山ありやすので
諦めないで!(真矢みき風に。古っ!)

オイラの株主優待挑戦はまだ先

いやー!株主優待とか配当とか
本当に興味があるのよ。
真面目に購入しようと寸前までいったことあるし。
けれども
株式って1つの会社の銘柄を購入するものなので、
株価の動きとか気になってしょうがないのよね。
検討を考えている時は
yahooファイナンスを午前と午後にチェックしたり、
チャートというものを覚えようとしたり、
それはそれで楽しかったりもしたけど、
こんなに株に気を取られてたら
持たないのじゃないかと思ったのよ。
仕事したり、ブログ書いたりと
株の動きをチェックする以外にも
オイラにはやることあるのよねって感じで。
それに正直株主優待目当てに購入するほど
欲しい優待商品がオイラにはなかった(爆)
外食もレジャーもほとんどしない人間なのでね。
まぁ、ゴタゴタ並べても
最終的に行き着く理由は結局、
「そこまでの余裕資金がねぇ!」
。・゚(゜´Д`゜)゚・。
そんな次元のオイラが
返礼品のためにお金を出すのも
なんか違うということで
まだ株式購入には至っていないのでございやす。
それでも
見ているだけで楽しいよね!株主優待銘柄。
資金・投資したい企業・欲しい優待品。
この3つが揃うまで、
お楽しみで取っておくとしやす。

スポンサーリンク