IPO株を売るタイミング・売り方

スポンサーリンク

スムーズにIPO株の売却を行う為に

以前、こちらの記事にて
IPO株を購入できるまでの流れをご紹介しやした。
メルカリも2017年上場すると言われているが、IPO株は儲けられる株なので高倍率
そして、オイラもIPO株購入に
参戦しやした!( ̄▽ ̄)ノ
『2017年08月30日上場!UUUM株式会社』IPO株を取得して売買差で利益を得る投資生活への道その1

まだ抽選結果は出ておりやせんが、
めでたく当選(ノ・ω・)ノ・・・となったら
公募価格より初値が値上がりする可能性が
あるから売りに出すことによって利益を得る。
これは分かる。
問題は購入できたはいいものの、
いつどうやって売りに出せばいいのか?
ちゃんとこれを知っておかなければ
利益を得るタイミングを逃すことになるので
知識として入れておきやしょう!

「IPO株は初値で売る」

IPO株は初値が決まって、売買がスタートします。
上場日当日か翌営業日には初値が決まるので、
IPO株を見事取得できたら、
事務的に初値で売りやしょう。

勿論、初値で売っても株価が取得単価より下回り
損を被る場合もございやすし、
逆に保持しておいて
株価がもっと上がった時に売れば
もっと利益を得ることができるかもしれやせん。
ですが、この方法が
一番リスクが少なく、利益を得られる可能性が
高いやり方でございやす。

上場日にどうやって売りに出せば
良いのか?

株式市場が公開されるのは朝の9時なので、
上場日の当日朝9時までに
成行注文で売りに出す。
(上場日当日でないと売り注文は出せない)
ネット証券ですと
24時間売買予約が可能な場合が多いので、
平日朝昼働いている人でも余裕をもって
株取引が可能でございやす。
口座にログインし、
上場日当日の0時を回ったら
売り注文を出せばOK
便利な世の中になったものだ(*´ω`*)
※証券会社によって当日扱いとなる時間帯が
異なるのでよく確認しやしょう
9時までという理由は、
9時ジャストに初値が決定する可能性にも
備える為でございやす。

指値注文と成行注文とは?

指値(さしねちゅうもん)注文
「●●円で●●株」と
値段を指定して注文する方法。
すると買い注文なら指定した(指値)以下の株価、
売り注文なら指定した(指値)以上の株価にならないと
注文が成立しない。

成行(なりゆき)注文
値段を指定しないで「●●株」と株数だけ指定して
売り(買い)の注文する方法。
取引時間中に
買い注文ならその時に売りに出されている
最も低い価格で買い注文が成立し、
売り注文ならその時に買いに出されている
最も高い価格で売り注文が成立する。

IPO株は成行注文で売りに出す

こちらで売値を指定できない分
いくらの利益もしくは損益になるのか
読めないのですが、
IPO株は売りは成行で注文しやす。
なぜなら同額で売り注文が入っている場合、
指値注文より成行注文の方が優先されるからで
あ~る( ̄^ ̄)
大きく利益を得ることよりも、
確実に売る事を優先するために
成行で注文いたしやしょう。

上場日に初値が決まらなかったら?

IPO株の初値には値幅制限がある

IPO株は初値に人気が集まり、
公募価格よりも高くなる可能性が高いので
利益を得られやすく美味しいというものの、
初値はいくらでも良いという訳にはいきやせん。
IPO株の初値には値幅制限があり、
上限・・・公募価格の2.3倍
下限・・・公募価格の3/4倍

となっておりやす。
人気ゆえに公募価格の2.3倍を超えたりすると
初値がつかないので、
翌営業日に持ち越しされやす。

その時はまた、
翌営業日9時までに成行注文を
し直す必要がございやす。

OK!売りのタイミングややり方は
頭に入った!
後は当選するその日を待つばかりでございやす。
( ´∀`)人(´∀` )

スポンサーリンク