新年度の始まりですな

スポンサーリンク

今朝は「ああ、新年度のスタートだ」
と思える風景がいくつもありやした。
電車の混み具合。
会社のエレベーターの混み具合。
新年度の挨拶。
新しいメンバー。

そして、
新入社員と思しき若者達をこれから
頻繁に見かけることになるであろう。
ひと目で「フレッシャーだ!」って
分かるあの感じは何なのだろうね(笑)

新卒で入社をすると、
同期というずっと横で繋がり、
共に入社年数を重ねていく存在ができる。
それはとても心強くて、
仲間がいるから辛くても励まし合い
乗り越えられる。
その姿はとても見ていて微笑ましく
希望に満ち溢れた笑顔が眩しい。
どうかそのかけがえのない絆を大切に
逞しく成長していって欲しいと
社会経験の先輩として思う
(*´ω`*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
とでも言うと思ったかよ。
んな訳ねーだろバーーーカ!!!

お前ら見ててむず痒いんだよ!!
学生の延長みたいにベタベタ
キャピキャピはしゃぎやがって!
(-゛-;)
切磋琢磨というより
傷の舐め合いばかりして、
何かとあれば
「同期がー」「同期だからー」って(-ω- )
しょせん同時期に入社したというだけ
&1人じゃ不安だからという動機で、
薄っぺらい仲間意識だけで
繋がっているしょぼい関係じゃねぇかよ。

芸人の世界とかでもそういうのが強いよね。
(無能なのに威厳を保ちたいだけで存在する
無意味な上下関係の厳しさにも反吐が出るが・・・)
TVを通して見える
そういう甘ったれた馴れ合いが実にウザい。
こういうのが今の芸人達がつまらなくて
いつまでたってもひな壇芸人として甘んじるしかない
原因なんじゃないの?

話が逸れてしまったが・・・。
気持ちだけは
群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、
専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器(コレは無い)スーパー実に説得力のない
単なる凡派遣Xが
4月早々ボヤキを入れさせていただきやしたよっと!
( ̄▽ ̄)ノ

それでも羨ましい気持ちも
勿論ありまっせ。
会社においての心の拠り所って
派遣ってあまりないですから。
常に完全アウェイで派遣先に飛び込んで行かなくては
ならないのですし、常に孤独が当たり前というか。
それに耐えられない人は
派遣社員は務まりまへーん。

最初から「居場所」を用意されている新入社員。
「居場所」は自分で作っていかなくてはならない
派遣社員の視点で見ると、
嫉妬も混じってムカつくのでしょうね。
この「居場所」っていうのは、
単なる働く場所・仕事があるって事ではなくって、
最初は「派遣さん」「誰あの人?」から
信頼が置かれるようになって「●●さん」と
名前で読んで貰えるようになった時に
やっと得られる安堵感みたいな感じでしょうか。

でもフレッシャーズの視点から見れば
彼ら彼女らもコチラが知る由もない悩みを
きっと抱えていることでしょう。

学生と違うのは、
こうやって1つの場所に
様々な事情を抱えた
様々な立場の人がいる事。
それ故に
共存が難しくて見えない所では摩擦が起こることも
しばしば。
だから社会って厳しくって神経磨り減ることばかり。
それでも学生を卒業したら、
これから長きに渡り、
そこで生きていかなくてはいけない。
甘ちゃんで世間知らずな若者という人種は
好きではないが、
それでも互いに表面だけでも上手くやっていこうぜと
傍目だけでも共存していこうやと
思うブログ主なのでした。

スポンサーリンク