ちょっと何言ってるか分からない「ZOZOTOWN」の送料はユーザーが決める?

スポンサーリンク

サンドウィッチマンの富澤みたく
ボヤキたくもなるぞ

ファッション通販サイト
「ZOZOTOWN」を運営する
スタートトゥデイに関しては
以前、ツケ払い導入の際にも
記事にさせていただきやしたが、
カード払いは感覚が麻痺するからこそ管理能力が大切

目新しい制度を導入して
世間の注目を集めるのが
ここの社長のやり方なのでしょうか?
(紗栄子とは破局しただの
ちょっと前に騒がれておりやしたね)
(´・ω・`)?
またも新制度が導入されやした!

2017年10月1日
「送料自由」の試験導入を開始

ニュース記事の見出しを見て
(相棒の右京さん風に)
「はいぃ(゚Д゚)?」というのが第一印象。
読み進めると・・・。

客が送料を決めるって
何それどういうこと!?

以下ニュース記事によりやすと、
ゾゾタウン「送料自由」を試験導入、0円から3000円まで自由に設定
ZOZOTOWNの配送料については
4,999円(税込)以上の場合は無料。
商品合計代金が4,998円以下の場合は399円という
取り決めになっていたがが、10月1日からは
プルダウン式で100円~1,500円まで選べるほか、
0円~3,000円まで1円刻みで設定できる
自由入力欄も設け、ユーザーが自由に
価格を設定できるようになっているそうな。

オイラという奴は実に卑しい人間なので、
まずとっさに頭に浮かんだ事は
「じゃあ金額に関わらず
常に配送料無料にできるじゃん!!」ということ。
マジかよそれ!
けれども主旨はそういうことではなくて、
最近の傾向となっている
配送業者の負担軽減への取り組みの一環として
ユーザーにも協力を求めるということなのだと思う。

ZOZOTOWNのHPに
行ってみましたよ!

詳細を知るべく
ZOZOTOWNのHPに行ってみたが
そこに記載されていたのは
短い文言のみ・・・。
「ZOZOTOWN」HPより

「お客様のご都合やお気持ちに合わせ
ご自由に設定してください」

・・・って言われてもーなんだけど。
実際の注文画面に行けば何か分かるのか?

実際に注文画面で試してみる

送料を0円にて入力で設定φ(..)
なお、間違って注文確定となっても
痛手にならないように安ーい商品で試す
みみっちい俺。

うわっ!本当に0円になった!!
(( ;゚Д゚))
ちなみに特に金額指定をしない場合は
400円と初期設定でなっているので、
400円を送料を払うことになるようだ。

しかし結局のところ
詳細は分からずじまい

じゃあこれまでの規定であった
399円を下回った金額を設定した場合、
逆に上限である3,000円を設定した場合、
ZOZOTOWNが配送業者に支払っている
取り決めの料金というものがあるはずなので、
ユーザーが自由に設定すれば
当然プラスマイナスの差額が生じるはず。
その差額に対してどうするのかが
全く書かれていないので、
今回の発表を受けても
「情報が無いのに丸投げされても・・・」
というのが大半のユーザーの意見のはずだ。

マイナスであれば
ZOZOTOWNが差額分を補填するのか?
プラスであれば
配送業者に差額分を還元するのか?
配送業者との間で一体
どんな取り決めになっているのかが
全く不透明なので気味が悪いのだ。

ユーザーが設定した金額に応じて
配送の梱包や配送の質を変えるということだろうか?

マイナスが生じた場合、
敢えてZOZOTOWNが不利益を被るようなことを
するはずもなく、
対策として元々の商品代金に組み込むので
大丈夫ということか?
(つまり商品代金が値上る)

過剰分であれば、
そのまま配送業者にスライドして払うなら
消費者も納得するところだが、
そこに対してもZOZOTOWNがマージンを取るので
あれば「ちょっと待て」という気持になる。

なお、この「送料自由」制度に対しては
「当サービスは試験的実施のため
予告なく変更・終了する場合がございます。」
との文言を載せておりやすので、
おそらくやってみたものの
うまいこと機能せず、
一時的なサービスとして即終了!
となる匂いをプンプンと漂わせておりやす。
(-ω- )
そりゃあ経済的余裕の無い人の方が
圧倒的に多いのだから
どう考えても送料無料を普通に選ぶでしょ?
こんな釈然としない不透明なスタートでは
単に広告宣伝がわりの
一時的な釣りサービスじゃないかと思われても
しょうが無いと思うのですがねぇ・・・。

スポンサーリンク