年に一度のAmazonプライムデーが開催中だが繋がらないやら配送問題などの課題も浮き彫り

スポンサーリンク

Amazonセール
『プライムデー』開催!
参加権利者はプライム会員

アマゾン「プライム会員」向けの
年に一度のセールが
開催中でございやす( ̄▽ ̄)ノ
2017年は7月10日18時から11日24時までで
昨年より6時間長い30時間の開催。
一時トップページがつながりにくくなり、
何故かポメラニアンが表示されると
ニュースになっておりやした。

早速、Amazonにアクセスしてみる
ミーハーなオイラ(笑)
おお!本当にポメラニアンじゃん!
でも何故ポメラニアン?

この「プライム会員」向けのセール
「プライムデー」でございやすが、
そもそもプライム会員はご存知のとおり
有料でございやす。
日本では税込み年額3,900円or月額400円を
支払うことで、
◆お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題
◆映画もTV番組も見放題
◆100万曲以上が聴き放題
◆写真を保存し放題
◆タイムセールに30分早くアクセスできる
という上記特典が受けられやす。
(≧∇≦)b
このサービスが自分のニーズにマッチするか否か、
お金を払ってでも継続して受けたいかどうかが
肝となり、それを踏まえて顧客は選択し、
プライム会員になる人とならない人に
分かれておりやす。
ちなみオイラは今のところ
そこまでの過剰なサービスをもとを取れるまで
使いこなせないであろうという考えで
非プライム会員でございやす。

「とにかく一度、
30日間の無料体験をやってみてよ~!」と
うるさく言わんばかりに
Amazonのサイトにアクセスすると
毎回案内がポップアップで出てくる
ウザさに辟易するときもありやすが、
(´ε`;)
「そこまで誘うならなってやってもいいよ!」と
思いっきり上から目線で
無料体験を30日間満喫したあと、
自動継続解除の手続きをきっちり行い、
決してプライム会員にならない
一番うぜータイプのユーザーであるオイラと、
それでも何回も勧誘してくる
Amazonとの関係は、
最早根気比べか?
そう、
30日無料体験は何度もできるのですよ。
管理能力のない人が
自動継続を解除するのを忘れて、
たとえ1ヶ月でも継続してくれれば、
それがワールドな規模だとしたら
配送料等のコストを負担したとしても、
どれだけの儲けよ?ウマウマ♪ってことで
おそらく何度無料体験を利用しても可能と
しているのだろうと下衆は勘繰る(・ε・)
しかしだね、
オイラ案外その辺きっちりしているのでね、
ちゃーんと無料期間終了間近には、
自動継続しない手続きをさせていただいておりやす。
ちなみに解除の仕方は、
Amazonプライム会員情報の管理画面から行いやす。
以下にプライム会員登録のキャンセル方法が
掲載されておりやすのでご参照ください。
Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける

宅配大手のヤマト運輸が
また憂鬱か?

ヤマト値上げのニュースで我に返った我ら
で以前、ヤマト運輸については記事にさせていただきやしたが、
今回の「プライムデー」でまた大変な負担増と
なりそうでございやすね(´・ω・`)
ヤマト運輸はドライバーの負担軽減のため、
12:00~14:00と
20:00~21:00の
配達枠の撤廃を発表しており、
「クロネコメンバーズのWebサービス」の
登録者に向けては、
配達時間指定枠の変更について
メールが配信されやした。
クロネコメンバーズに登録している
オイラの元にも届きやしたので、
変更点のみ抜粋させていただくと、
2017年6月19日から以下に変更されておりやす。

■ 変更点
(1)「12時から14時」
「20時から21時」の時間帯指定枠を
廃止させていただきます。
(2)「19時から21時」の時間帯指定枠を新設します。

【6月18日までご指定可能な時間帯
「6区分」】
・午前中(12時まで)
・12時から14時
・14時から16時
・16時から18時
・18時から20時
・20時から21時

【6月19日からご指定可能な時間帯
「5区分」】
・午前中(12時まで)
・14時から16時
・16時から18時
・18時から20時
・19時から21時

10日と11日の夜がセールのヤマ場と
言われているおりやすので、
現在Amazonでは膨大なアクセスが
殺到していることと思われやす( ゚∀ ゚)
Amazon側は売上増加を見込んで
在庫確保&品ぞろえを強化して
準備を整えたそうですが、
プライム会員の皆様が
無事欲しい商品をゲットできますよう
プライム会員ではないオイラは蚊帳の外から
応援しておりやす(←嘘、別にどうでもいい(笑))

スポンサーリンク