銀行預金から投資信託へ。銀行預金主義者ほど投資信託で資産形成するのに向いている

スポンサーリンク

今あるお金の価値が下がるって
結局どういうことなの?

「銀行預金ではお金殖えない、でも安全だから」
という理由で、
資産は銀行に預けているだけという人は
日本ではまだまだ多い。

けれど、あらゆるものが値上げしているのですよね。
今年2017年だけでも
ティッシュやトイレットペーパーの日用品、
バターやチーズなどの食品の値上がりがあり、
電気・ガス料金にいたっては
「なんか毎月値上げしてね?(°_°)」
というイメージなのだが・・・。

生活に関わるものが値上がりし
物価が上がるということは、
手持ちのお金もその物価上昇に追いつくように
殖やしていかなれば生活は貧困に陥るということ。
よくインフレになると
「今銀行に預けているお金の価値は
ひたすら下がっていく」と言われますが、
そういうことを指しているのですよね。

で、「銀行に預けてもクソ低金利すぎて
利息には期待できない」ということは
どんなにお金の知識に乏しい人でも
実生活において実感している訳ですが、
この「お金の価値が下がっていくということ」が
ピンと来ず、分かっていないので
銀行に預け続けているのではないかと
オイラ思うのでございやす。
だから「頑張って貯金して
銀行に預けている元金が殖えていけば
取り敢えず大丈夫じゃないかな?」と
呑気に捉えている人が多いのではないかという
気が致しやす。

特に大企業の正社員で安定した職についている
サラリーマン家庭なんかはそんな思考が
まだまだあるのかもしれない。
オイラの派遣先の正社員の人達を見ていても、
「終身雇用でボーナスもあるし、年次が上がるにつれ
昇給もしていくから大丈夫であろう」
とタカをくくっている所が
どこか垣間見えるんだよなー(´ε`;)
勿論、物価が上昇しても
賃金も伴って増えてくれればカバーできる。
今年の春闘では、中小企業の賃上げ額が
昨年同時期を上回ったなんてニュースもありました。
しかし、
不況なんていつ急に訪れるか
決して分からないものでございやす。

預金から投資に切り替えないとお金は殖えない

バブル期とは違い、
銀行預金の金利で資産を殖やせない今の時代では、
インフレをカバーするには「投資」が主力となっている時代へと変わっておりやす。
投資の代表と言えば株式投資。
オイラも興味は勿論ございやす。
(人´∀`)
なので時々は野心が擡げ、
自分でも買える範囲の銘柄をチェックしたりしやす。
要らぬ期待と夢を見て
あっという間に時間が過ぎていきやす。
で、結局疲れちゃうのですよね(笑)
なんせ知識がないものでございやすから
どれがこれから伸びる可能性のある
銘柄かなんてちーーとも分からないのでございやす。
( ´Д`)=3
この時間を記事作成にでも充てた方のが
ブログの発展に結びつくので
よっぽど有意義でございやす。
株式投資には、
・これから伸びる株を安い時に買って、
高くなったら売るを繰り返すことで
どんどん利益を得ていくか、
・高配当を望める株を大口で買い
配当生活ヒャッホー!☆
こちらもいずれは売って売却益を得る。
どちらかの方法で資産を殖やしていくのですが、
前者はお宝株を見つけるための知識・眼力、
後者は大金が必要でございやす。

銀行預金主義者と投資信託をする人は
実は同じ発想?

そのどちらもない底辺個人投資家のオイラは
「やっぱ、オイラには想像も及ばない
知識・情報量・着眼点・実績を持つ
プロに運用を任せて今は毎月少しずつ
積立投資していくのが一番だよねー♪」
という結論に毎回行き着くのでございやすねぇ。

よって、以下にあてはまる人は
株式投資よりも投資信託で資産形成を
した方が向いていると経験上断言できやす。
・まとまった大金(種銭)が無い
・株式銘柄を選ぶ自信が無い
・面倒くさがり・忙しい人・自分で手元で
管理できない人

・自分はお金を出すだけで
誰かに手堅く殖やして欲しい

特に下の2つというのは、
銀行預金に預けている人も同じ発想なのですよね。
投資信託にも種類がございやすので、
ハイリスク・ハイリターンなものから、
ローリスク・ローリターンのものもございやす。
しかし、
銀行に預けておくよりはよっぽど
資産を殖やすことができるので
「銀行預金から投資信託へ」と
金融庁ですら推奨する流れとなっておりやす。
それが「iDeCo」や来年始まる「つみたてNISA」という制度設立に表れておりやすよね。

社会的・経済的底辺でも
言わせておくれ!

日本という国は
マネーリテラシーは自分自身で積極的に得ないと
誰も教えてくれない文化がまだまだございやすので、
「資産を殖やせるも殖やせないも自己責任」
となってしまいやす。
。・゚・(ノД`)・゚・。
ある意味国民の生活に対して
無責任な国に生まれてしまったという
自覚を持たないと自分が困ることになりやす。
特にオイラは
自分と同じような
先行き不安定な非正規雇用であったりする人達、
社会的弱者の人達が少しでも安心を得て
行きていけるように全く微力ながら
このブログを通して
発信して行きたいのでございやす。
(オイラでは何の説得力も無いのは承知(-ω- ))

スポンサーリンク