終身保険途中解約で出た損失を挽回する方法

スポンサーリンク

早期解約で解約返戻率43%の大損

思い切って終身保険を減額しました!!保険料の支払いがキツイ時の選択肢は実は解約だけではない
で記事に致しやしたが、
終身保険を初めて4年目の今年、
月々の支払額を減らす貯め、
半額の解約を行いやした。

そして先日、
これまで払い込みした半額分の保険料の
解約返戻金が口座に振り込まれやした。
その解約返戻金の金額は、
101,956円でございやした。

保険料は契約日から起算して
35ヶ月で469,980円の払い込みをし、
その半額を解約となるので
234,990円が元金となりやす。

234,990円-101,956円で結果、
133,034円の損をこいたことになりやす
。・゚・(ノД`)・゚・。
手数料どれだけ差っ引かれているのかな?
保険証券には経過年数に応じて
「解約返戻金額」が分かる表が
記載されているものだが、
その内訳は実に不透明である。
保険会社がいくら販売手数料等を取っているのか
一般的にはオープンにされていないからねぇ(-ω- )
とにかくメッチャ大損です。
元金の約43%しか戻ってこないのですから(泣)

低解約返戻金型保険は、
契約開始から払い込み期間満了まで
途中で減額・解約・払い済みを行うことなく
払い込みを行わないと
どうやってもプラスになって返ってこない仕組みに
なっていることを痛い損失で痛感。
低解約返戻金型保険を途中解約すると、どれだけ損か教える記事

けれども、
オイラの払い込み契約期間は24年なのだが
24年も拘束されてもリターンは
元金に対してわずか1.1倍てさぁ・・・(´Д`)
この保険料に回している分を
もっと利回りの良い金融商品で
運用したいと思うじゃないですか?
今回の損失はファイナンシャル・プランナーの
言葉を鵜呑みにしてよく理解せずに
低解約返戻金型保険を契約してしまった
ツケとして痛い勉強代と思うしか無い。

解約損を他の金融商品で挽回する

意にそぐわない終身保険の支払いを
約半額に減らすことができたことを
前向きに捉えるしかない。
これまで終身保険の支払いに充てていた分を
積立投資信託に回すことで挽回していくぞ!

そして、今回得た解約返戻金も
タイミングを見計らって
投資信託を「スポット購入」しようと考えています。
リスクも高いですが、保険よりも遥かに高い利回り
に投資することで時間をかけて
今回の損失を少しでも埋められればと思いやす。

損失をカバーするには、
投資信託以外にも株式投資やFX
今話題のビットコインなどありやすが、
「高いリターンを狙えるもので運用する」
これに尽きるでしょう。
そのつもりで更に損失を広げるのが怖いので
オイラは安全策で
投資信託とIPO株申込みで
挽回を地道に狙っていきやす。
(`・ω・´)キリッ

損は勉強代と思って小さい内に被る勇気を持つ

「貯蓄型保険」って割に合わない。
けれども損をしないために
払い続けるという選択を続けている人も
多いと思いますが、
ただ、目先の損を恐れて
ズルズルと時間を経過させてしまうほど
余計に大きな損失を出してしまう可能性を
考えると、
痛手が小さい内に失敗を受け入れる
勇気も必要でございやす。
これ違うなと思ったなら
「何事も早期に手を引くことが
結果的には小さい損失で済む」
何事もこのセオリーに乗っ取ることが
賢く生きる知恵のような気が致しやす。

・・・といいつつ
オイラも今回の決断を実行するまでに
1年近く時間を要しているので
偉そうなことを言える立場ではございやせん。
(-ω- )

今回の選択が未来に形成できる資産額に
大きな違いを生むと信じて。
これから保険に入ろうと考えている
皆様におかれましては、
オイラのような過ちは
犯さないよう十分に保険の知識を得ることと、
無理のない支払額を熟考していただきたいと
思う次第でございやす。

スポンサーリンク