「生命保険は必要ない」は本当にそうなのか?

スポンサーリンク

終身保険にはいるキッカケ

オイラが現在契約している終身保険に入った
きっかけは、
ポイントサイト経由で保険相談でした。

かなり高いポイントが貰えるし、
丁度保険の見直しも少し考えていたので、
決して冷やかしじゃないぜ~( ̄▽ ̄)ノと
面談の申し込み。

オイラの家の近くの喫茶店にて待ち合わせ。

現れたのはファイナンシャルプランナーさん。

ファイナンシャルプランナーの
イメージと現実

オイラの中では、
ファイナンシャルプランナー(以下FPと略)とは
顧客のために、ただただ最適な資産運用を
中立な立場で考えてあげる仕事という
天使すぎるアイドルみたいな
やすらぎのイメージだったのですが、
現実はもっとシビアな世界・・・。

金融機関に属しているFPさんもいるし、
(FPの資格を持つ社員さんってことかな?)
直接の金融機関には属さない
独立型のFPさんもいる。

ただ、どちらにしても
保険や投資信託など、FPさんの得意分野の商品を
顧客に勧めるのが仕事なのねという事を
利用してみて思い知ることとなる
(-ω- )

確かに、
相談料を徴収しているのならともかく、
無料で他人がいざという時にお金に困らないように
考えてよいプランを提示するだけだったら
そのFPさんはどうやって生計を立ててるのかって
話だよね。

そう、顧客に金融商品を契約させることによって
仲介手数料を得てこそ成り立っている商売
なのだということを忘れてはいけない。

だからFPさんとはいっても、
保険に特化された方なら
自社の商品を持たない保険会社の勧誘のオバちゃん、
投資信託に特化した人なら
自社の商品を持たない銀行や証券会社の
窓口の営業の人と
なんら変わりないということを、
肝に命じて置かなければならない。
もしFPさんに相談してみたいという人がいたら
オイラはそう伝えておこうと思う。

だから、言い方は悪いのだけれども、
「貯金以外の方法でどうお金を増やせばよいのか
分からない」
「いざという時の為に何か備えておく必要があるのかなぁ?」
といった不安を専門知識を持って解消してくれるが、

同時に金融商品を売るべく、
「老後に備えて云々かんぬん、
これだけのお金を蓄えておかないといけない」
「銀行に貯金だけでは無理ですよー」
と不安も煽るのが彼らの常套手段なので、
その不安から冷静な判断能力を失って
変な金融商品を掴まされないようにしないとねって事でやす。

あまり考えたくはないが、
仲介手数料を貰っている以上、
金融機関とFPさん側にしかメリットがない
(高い仲介手数料とか)
商品を売りつけるという悪徳な所もあるかもしれないし(-ω- )

もちろん「お客様の立場に立って」考えてくれる
真摯なFPさんもいるし、
大半はそうであると信じたいものだ。

カモられるのを防ぐなら、
「自身が知識をきちんと持つこと」なのだが、
金融って難しいし、
知識がないから仲介業を利用する訳である。
やってみたからこそ仕組みが理解できて、
知識が追いつくという部分もあるしね。
なのでもう一つ、
知識はないけどカモられない方法は、
「高額な支払はできない!」の一点張りで通す(笑)
当然
「顧客が高額な支払いを要するもの」が
売る側にとって美味しい商品な訳で、
人気やブランドなどの知名度だけは高いけど
「高っけぇなぁ!」というものを勧められた時は
要注意!
「無理!高い!私貧乏、払えない!」
という姿勢を貫きましょう(笑)
「ならお客様に提示できる商品はございませんね」と言われればこっちのもの!

そんな顧客側に立っていないFPさんには
見切りをつけ、
別のFPさんや代理店を探しやしょう( ̄▽ ̄)ノ

オイラはFPさんを仲介して契約しやしたが、
その制度を経験してみて思うことは、
FPや代理店等を通さずに
直接自分で契約できる保険会社なら、
その方が後々楽だと思いやす。
解約したいとか減額したいという時に
仲介が入っていると、
契約時にお手間をかけていただいた分、
中々言いづらかったりする面もありやすし。

・・・て、論点が思いっきりズレたまんま
話が始まっていますが、

今回の記事で書きたいのはそんな話じゃなかった・・・(´・ω・`)

これではブログタイトル「悪徳FPにご注意!!」になってしまうじゃないか!

冒頭のファイナンシャルプランナーさんに出会うに
戻りやしょう。
結果的にはやはり保険は大事だよという話になり、
その方が見積もってくださった数社の中から
医療保険と終身保険に入ることとなりやした。

で、終身保険の話。

終身保険ってどういう人に必要なのか考えてみる

前回の終身保険など貯蓄型保険の値上げ実施に伴い、
貯蓄型の保険って入る必要あるのか?と書きましたがその続きでやす。

オイラが加入している「終身保険」という保険は、
・払込期間が終わっても解約するまで保証は続く。
・死亡保証も兼ねている。
・払込期間が終えた頃には、
解約返戻金による戻りが
純保険料分の積立額を超え、
さらに解約を引き伸ばす程、
どんどん利回りが大きくなっていくので
そこに貯蓄性があり、老後の資産形成には最適。
というものである。

オイラがなぜ終身保険を選んだのかというと、
掛け捨てタイプ
(とは本来言わず、正しくは定期保険)
ではなく、
貯蓄性のある保険に入りたいというのが
前提にあったから。
さらに、
・死亡時や高度障害時には家族にお金を残してあげられる。
・養老保険より支払が安く済む。
という理由からである。

ですが、貯蓄型保険も超超低金利時代の突入です
Σ(゚д゚lll)
やはりもう「保険に貯蓄性は機能しない」と
言いきれるかもしれやせん。

けれども
「今の蓄えが乏しい。
だけどもし自分が亡くなった後
家族が困らないようにお金を残してあげたい」

という理由なら生命保険は入る意義はすごくあると思いやす。

終身保険なら自分が亡くなった後、
自身が払い込んだ金額以上の大きなお金を
家族に残してあげる事ができるのがメリットですから。

そう、保険って
「自分の支払い能力を超える大きなお金が必要な場合に備える」
「残された人が当面のお金に困らないように備える」ものだから
いざという事態の支払いに対応できる程の
蓄え・資産を持っている人には
必要がないものだし、
自分がいなくなることで生活に困る人がいない人にも必要がないもの。

オイラの場合、
・現在、大きな蓄えがない。
・一応世帯主なので、
いなくなると生活に困る人がいる。
ので加入する意義はあるっちゃあ、ある。

けれども、保障金額だけで考えたら
独身で子供がいるわけでもないのに
こんなに必要ないだろうと思い始めた←今ココの
状況でやす。

当時は金融知識が今よりもっと乏しく、
銀行預金以外に安全にお金を大きく増やすといったら
「保険」しか思い浮かばなかったので
貯蓄型保険ーーー!入らなきゃーーー!
という勢いで加入したので
保険に貯蓄性を求めていた部分が大きかったのだ。

が、そののち、
他にも良い利回りで資産を運用する方法はあるよ
ということを知ってしまったので、
この終身保険の支払いよりそちらに回したいと思っている←今ココ

厄介なのは、終身保険というものは
「解約」というものを選ぶと大きく「元本割れ」
するということ(-ω- )
長ーい契約期間で払うから支払金額は低く抑えられる特徴のものなので、
それを期間の浅い内に解約するということは、
前回の記事で書きやしたが、
払い込んだ金額から運営費を差っ引かれている上に
ほぼ利息は付いていない状態なので、
とんでもない少ない金額しか返ってこないのだ。・゚・(ノД`)・゚・。

なので、当時FPさんにも念を押されやしたもんね、
「解約は一番勿体無いですからね!」って。
「解約を避けるためにも
支払可能な金額で契約すべき」
「支払が可能な範囲で
保証額を高めに設定しておけば、
支払いが難しくなった時には保証額を減らすことで
対応できますから」とのこと。

オイラは一番最初に出会った
資産形成のための金融商品が
保険だったので、迷わず加入したが、
今だったら入るだろうか?

正直答えは見えていない。

掛け捨てではないので、ちゃんと払い込めば
一応銀行よりは高い利息が付き、
満額+αで戻ってくるし、
株式投資と違って、
保険会社が倒産!という事態にならなければ
元本割れのリスクはほぼない。
解約という選択肢がほぼ選べない状態だからこそ
確実に資産形成できる金融商品でもある。

まぁ、ちょっと使い方は違うかもしれないけれども
「1つのカゴに卵は盛るな」ということで、
安全型の金融商品である保険も
資産形成の中に入れておくのも悪くはないと思う。

個人型確定拠出年金(iDeCo)をしていない人にとっては、
生命保険の掛け金(上限アリ)が所得税から控除できるのは大きいしね( ̄▽ ̄)ノ

貯蓄型の保険の契約は慎重に!

ただ、経験者は語る。
掛け捨てタイプではないタイプの保険の加入は慎重に
よーく考えて!
そして加入したら絶対に解約しない覚悟で!
そのためにも無理のない支払の範囲で契約すること!と。
ただ、保険に加入するのは、
若い年齢の内から始めた方が時間という武器を活かして
1回の支払額も少額で済むので、家計に負担がかからない。
矛盾しているようだが、
始めるなら出来る限り早い内の方がいいよというのも事実なんだよなぁ・・・。

「保険は入る必要ない!」という見解を見ると
既に入ってしまっているオイラとしては、
「この選択は間違っていたのか?(´・ω・`)」
と思う時もあるけれども、
でもオイラが
「老後安心して暮らしていく」ための手段の1つとして
「終身保険」というものをFPさんが教えてくれたことで
心が少し軽くなったのも事実だし、
「より良い老後を迎えるため資産形成」
というものを考え始めたきっかけでもあるので、
これはこれで良い縁だったのだと思う。
このきっかけがあったから、様々の資産を増やす知識が広がっていたのだから。

スポンサーリンク