貯金はそんなに重要じゃない!!生活費積立てと補填費(予備費)をまず先取り貯金しよう

スポンサーリンク

遠い将来と今出ていくお金に備える

貯金しても続かない!
どうしてお金が貯まらないの!とお悩みの方。

それは支出に備える用の貯金をしていないからです。
貯金をする場合、
2つの用途に分けてお金を蓄える必要がございやす。
(`・ω・´)
1つは

老後に備えての資産という位置づけの貯金

もう1つは

いざという時の支出に備えた貯金

この二本立てで別々の口座で貯めていくのが、
貯金を継続できるコツでございやす。
用途を分けずに
たった1つの口座に貯金をしていた場合、
思わぬ出費をその貯金口座から
切り崩さなければならず。
それによってモチベーションが下がる

「あーあやっぱり自分は貯金を崩してしまう
駄目な人間だ~!!
もうやーめた!!(-。-)y-゜゜゜」
と貯金初心者が陥りがちな
負のスパイラルを防ぎ、貯金を継続させるためにも
切り崩す前提の貯金と、
決して崩さない貯金があるのが望ましい訳です。

大体、お金なんてちょっと気を緩めれば
簡単に出ていってしまうものなのです。
人間には物欲がありやすし、
家電が壊れたり、健康を害したり
予想外の出来事がふいに起こることもある訳です。
出ていかない方が逆に珍しい。
だから支出前提でそれに備えた蓄えの方が
貯金を始めたばかりの余裕資金が無い時には
重要だとオイラは思っておりやす。

お金を貯めるコツは
お給料が入ったら先取り貯金は
正解だけれども

先取りして、貯金に回したつもりでも、
月末になると赤字補てんに
充ててしまうという人は、
先取りして残ったお金で
本当にやりくりできるのか?
それは無謀な計画なのではないか?
立ち止まって考えてみる必要がございやす。

勿論、無駄な支出が多すぎないか
まず第一に見直す。これが先。

その上でも実際やりくりしてみると
やっぱりキツイな~という場合は、
手を付けない貯金よりも
いざという時の補てんに充てる貯金という
位置づけでしばらく貯めていく方が
ストレスがなくて心に余裕が生まれやす。
(人´∀`)
そして、
想定外の支出が発生するのを防ぐために
月間でかかる支出以外にも、
年イチや年数回で発生する支出も
月割して毎月少しずつ積立てしていき、
毎月の出ていくお金をフラットな状態にしておくと
安定したやりくりができるようになりやす。
切り崩さない貯金よりも
優先すべきは、

補てん用の貯金と生活費の積立てです。

なぜかというと、お金を貯める上で
一番やってはいけないことは
借金でございやす(( ;゚Д゚))ブルブル
これを作ってしまうと最悪の場合、
貯金どころか日々の生活のお金も足りず
どこからか工面する必要が起こり、
また借金をするという負のスパイラルに陥る
羽目になりやす。
そうなるくらいなら
貯金などしなくてもよい!
それよりも日々の生活費がちゃんと回るように
ゆとりをもたせる方を優先して
無駄な支出を抑えるように励んでいく方が、
後々には将来のために貯めていく貯金に
回せる余裕が出てくるはずです。
ですので、
先々大きな支出があるとわかっているものは
なるべく少額で少しずつ用意しておきやしょう。
そして、
想定外の支出があっても大丈夫なように
補てん費も積立てしておく。
それらがある程度まとまったら
ようやく本来の目的の貯金を開始しても
遅くはありやせん( ̄▽ ̄)ノ

スポンサーリンク