貯金が計画通りにいかないのは想定内!心にゆとりを持ちつつ目標貯金額を達成するコツってあるの?

スポンサーリンク

年明け早々お金が出ていきやした(悲)

2014年に貯金ゼロとなり、
まずは100万円!!と
今日までコツコツと貯蓄してきて、
やっともう少しで目標達成となった矢先に
最近、家庭の事情で10万円の支出を余儀なくされ
貯金から捻出することとなりやした。

また、目標100万円が遠のくことに・・・。
。・゚・(ノД`)・゚・。

3年以上の時間をかけても
100万円という貯蓄額を達成することができない。
20代の頃は今より低い給料でも
100万円貯めることがもっと容易かった気がする。

理由は明白、
家計に携わる比重が重くなったから。
収入の内、少額を家に納めれば
後は丸々自由に使えていた頃とは
事情が全く変わっているからだ。

現在は給料の3割近くを
家計に入れている他に、
何か家電が壊れれば
買い替えは親ではなく
子供達が負担するというのが
我が家のルールとなっている。
昨年は洗濯機が壊れた。
諭吉様が数枚飛んでいった・・・。

家族の一員なのに
家計の責任負担が低かったお気楽な頃とは違う。
だから年間いくら貯金すると決めても
その通りになったことなど
この数年はない。
家計のことだけではなく、
もちろん自分自身の欲望による散財だってあるし、
自分の家族のために
支出が発生することもある。

責任を担う大人になるって
こういうことなのね~
(by今年40になるのに
どこまでも精神的ガキなこじらせ人間の
ブログ主)

年を重ねる程こうやって
色々な責任がのしかかってくる。
想定外のことにも対応していかなくてはいかない。
それ故にお金だって計画通りに貯まるどころか
減ることだって時には起こる。

焦らずに最終的に結果を出せばいい!
不測の支出に対しても心にゆとりを
持つには?

不測の事態に備えた蓄え
目的達成までは絶対に切り崩さない蓄え
この2本立てで貯めていくと
急な支出に対しても
心の余裕を保てられやす。

後者の目標達成までに保持し続ける蓄え、
これは=将来の生活に備えた資産でございやすね。

オイラは

出ていくことを前提とした積立て=貯金
資産形成のための積立て=投資

という位置づけでお金を貯めておりやす。
( ̄▽ ̄)ノ

ずっと安定してお金が貯まっていくなんてことは
あるはずもなく、
様々な要因によって
大きな出費が立て続けに起こるなど不本意な出来事は
必ず数年に1度は起こったりしやす。
金は天下の回りものですからね。
出るから入る。ある程度入れば出ていく。
これが自然の流れでございやす。
その流れを不自然に止めると
別の面でツケを払う場合だってあったり
そういうこの世の法則みたいなものが
あるのではないかとオイラは思うのです。

お金を貯めることは、ダイエットの継続と同じ。
どちらも思うようにならないことが
多々出てくるのが前提のものなので
完璧主義になりすぎると
その反動で挫折してしまうことも。
大らかにマイペースで
最終的に目標を達成すればOKという
構えで取り組んでいた方のが
成功できたりするものです。
お金は出ていく時は出ていく。
無くなったお金のことは諦めて、
また地道にやっていきやしょう(´∀`)ノ

スポンサーリンク