NISAとiDeCoどちらが自分には合っている?併用してダブルで節税もアリ

スポンサーリンク

長期間非課税運用ができるというと、
そうです!iDeCo(イデコ)と似ていると思いやせんか?
( ̄▽ ̄)ノ
【iDeCoについては以下の記事にて
詳細を書いていますので
よろしければご参照ください】
個人型確定拠出年金って?
専業主婦も年金を増やせる個人型確定拠出年金
iDeCo(イデコ)に加入しない方がいい人
売却益が非課税になるという共通点以外は、
異なる性質を持つ2つの非課税制度。
どちらをどう活用すればよいのか?
そもそも自分には必要性があるのか?
見ていきやしょう!

NISAとiDeCoの違い

比較①拘束期間
iDeCoが60歳まで原則引き出し不可能なのに対し、
NISAはいつでも自由に売却が可能。

比較②手数料
iDeCoは口座開設時に手数料がかかり、
維持費としての口座管理手数料も毎月徴収されるが、
NISAは口座開設や口座維持費にお金がかかることは無い。
(金融機関によって
買付手数料・信託報酬が発生するのは共通)

比較③控除
NISAは売却益のみ非課税なのに対し、
iDeCoは売却益も非課税だし、
支払った掛け金も全額控除もでき、
「所得税」「住民税」が減額される

と節税効果に関してはiDeCoが頭一つ抜き出ている感。
けど、手数料や拘束期間の点では自由度は
NISAに軍配。

どちらを利用しようかとなると、
とにかく節税と考えるならiDeCoですが、

60歳以上の人や
個別株で運用したいんだーっていう人は
iDeCoでの運用は無理なので、
勿論NISAでとなる。
(ただし個別株は積立NISAの場合も不可)
それ以外にも、縛りの多い運用をしたくない人や
節税のメリットがあまりない人も
(控除されるものが元々多い人や
そもそも所得が無い人)
NISAの方が向いているかもしれやせん。

両方活用する手もあり

老後資産形成に向いているiDeCo
ライフイベントでの大きな支出に備えて
運用するのに向いているNISAと
分けて活用するのも手、
賢い運用ですな( ̄▽ ̄)ノ

また、iDeCoではそれぞれの加入資格に応じて
月々の掛け金に上限(拠出限度額)
というものがありやす。
詳細な金額については
チャート化されている記事がありやすので
参照ください。
加入資格及び掛金拠出限度額
月々投資に回せる予算があるが、
iDeCoの拠出限度額では全額賄えない。
残りの分も非課税で運用したい場合に
NISAを活用するというやり方もありやすね。

子供の教育資金をNISAで運用

iDeCoは20~59歳までが加入資格。
NISAは20歳以上からが加入資格。
どちらにも属さない20歳未満の人が
非課税で投資をしたい場合、どうしたら良いのか?
日本だと、
「子供が投資なんてとんでもない!」と
思われるかもしれやせんが、
あの超有名な投資王
ウォーレン・バフェットは、わずか11歳で
投資デビューしたそうなヮ(゚д゚)ォ!
米国では幼少期からマネー教育を行っているので
子供の投資に対して親も抵抗がないのでしょうな。
といってもここはあくまで日本の話、
子供用の投資商品なんてないよと思われた方、
0歳から19歳の人も加入できる
NISA制度があるのですなぁ( ̄▽ ̄)ノ

ジュニアNISAの特徴

ただし、お金を出して運用するのは子供本人じゃなくて親権者ね(両親および祖父母)
♣2016年から開始された制度
♣加入資格は0歳~19歳までの日本在住の未成年
♣投資上限額は年間80万円
♣非課税期間内でも、子供が18歳になるまでに
途中で払い出した分には、
通常の20%が課税される
(実質18歳まで売却できない)
♣20歳以降は通常のNISA口座へ移行される
♣通常NISAと違い、口座金融機関は変更不可

と、通常のNISAと異なり縛りが多いものの、
ジュニアNISAと通常NISAおよびiDeCoを並行して
活用すれば、
子供の教育資金と、親の老後資産を
非課税で形成することが可能となりやす。
国が自分で老後の生活資金を賄って欲しいと
投資を促している分、
優遇制度が沢山用意されている昨今ですので、
それに乗っ取って
上手に制度を有効活用したいものです。
(人´∀`).☆.。.:*・゚

スポンサーリンク