『つみたてNISA』思ったより盛り上がっていない現状だが、安定長期運用の大事さを説く

スポンサーリンク

あれ?
『つみたてNISA』
知らない人多い?

『つみたてNISA』がスタートして
1ヶ月経過しやした( ̄▽ ̄)ノ
それに伴って、
オイラの書いたものの中でも
こちらの記事へのアクセスが急上昇しやした。
つみたてNISA年間限度額で来年から20年積立すると約1,300万円資産をつくれる!

しかし、蓋を開けてみると・・・

思っていた以上に盛り上がっていない
(´・ω・`)サムイ・・・

だってつみたてNISAのCMとか見た人いる?
実際に盛り上がっていないのよ。
東洋経済オンラインに
こんなタイトルの記事が書かれていた位ですから。
「つみたてNISA」が盛り上がらない根本理由

この記事に書かれている通り、
『つみたてNISA』が
盛り上がっていない理由は
金融機関にとって旨味がないから。
「自分達の設けにならないようなものを
積極的に広めやしないよ~
だから広告も積極的に打たないよ~」
ということでしょうな(-ω- )

スタート時期に思わぬ敵がいた誤算

また『つみたてNISA』に変わって
超盛り上がっていた敵がいたのも
運が悪かったね。
そう、仮想通貨でごじゃるよ。
12月から最近あの事件が起こるまで、
某仮想通貨取引所が某氏を起用した
CMをバンバン流していやした。
(隠している部分の正解は
2つ前の記事を御覧ください)
それによって、
『つみたてNISA』に取り込みたい若者は
仮想通貨の方へ流れてしまった・・・。
その影響を多少なりとも受けていることでしょう。
12月の高騰劇を見てしまったし、
CMで煽られるしで、
自分も「億り人」にと
一攫千金を狙って始めた人多いでしょうから。
そう、ここにもいるよ(笑)
このオイラも始めた位だもんね。

仮想通貨の怖さに
踏ん張っていられるのは
『つみたてNISA』での
長期安定運用のおかげ

1月に始めたばかりなのに
2度の大暴落に遭っているオイラが通りますよっと
☆彡
30万円チョイ(日本円も含む)
仮想通貨に投じた資産は
現時点でどうなっているかというと、

184,615円(日本円も含む)
_| ̄|○ il||li
含み損で損切りする勇気もなく
完全に塩漬け状態・・・。
値が回復するかも不透明(´ε`;)

それでも
まだ心の平穏を保てておりやす!
なぜならば、仮想通貨とは逆に
比較的リスクを低く運用できる

「つみたてNISA」で投資信託を
運用しているから!

つみたてNISAのメリット
🔷20年非課税(利確しても税金取られない)
🔶金融庁が選定した20年後も生き残っている
金融機関の低コスト商品をで運用
🔷長期による複利とドルコスト平均法で
大勝ちもしないが大損もしない安定運用
🔶途中で解約もできる縛りのなさ
と、もちろん元本保証はないですが、
『つみたてNISA』を利用すれば
比較的安心安定な投資信託で
毎月少額を積立てしていくという
無理のない資産形成ができやす!
(`・ω・´)

資産運用のポートフォリオは
安心して運用できるものへの
比率を高めておくべきです。
安心といっても
銀行預金に預けていては増えませんがね(笑)
仮想通貨よりも投資信託へ多く投じていて
老後の資産づくりは別でちゃんと行っているから
仮想通貨でダメージ受けておりやすが
オイラはまだ安心感を持っていられます。
( ̄▽ ̄)ノ

メディア(特にテレビ放送やCM)が報じるものは、
提供側にメリットがあるからということを
覚えておかないと、
それをすべて鵜呑みにしてしまうと、
損は自分に返ってきやす。
消費者側である自分達にとって
メリットがあるものを選別していくには、
自分で調べて探して
身も持って学んでということをしていかないと
今の時代は本当に良いものは掴めないのだと
思いやす。

つまり情弱や無知だと
生き延びていけない。

( ̄0 ̄;)ガ~ン

実にオイラ達の世代はシビアでございやす。
多少リスクを取らないと大きなお金を得られない。
だから預金よりも投資に走らざるを得ない。
それが分かっているからこそ
仮想通貨に希望を見い出したりもする。
けどやっぱりハイリスク・ハイリターンの
洗礼を受けるとキツイ!
キツイがそこから立て直してくことを
学んでいかなくてはいけない。
こんなこと書いているオイラ自身も
まだまだまだ情弱だし無知だし
踊らされて失敗するしですが、
そうやって知識を増やしていっておりやす。

どんな金融商品を選ぶのかによって、
自分達の未来の生活の豊かも変わってきます。
皆さんもオイラも
出来る限り賢く資産形成していきたいものですね。

スポンサーリンク