女性社員達よ、一般職正社員という立場でノホホンといられる時代じゃなくなっているぞ!

スポンサーリンク

一般職の募集枠というものは
無くなっていく?

最近、一般職と総合職という区別をなくし、
女子社員の採用は全員総合職として
採用する企業もあるそうな。
総合職社員をアシストする存在で
一般職が必要な訳ですが、
(コチラの記事でも触れておりやす)
会社内ヒエラルキー最下層庶務派遣
現代は、PC・タブレット・スマホの普及により、
例えば営業マンが外出先で書類作成や
スケジュールを管理することも容易となり、
必ずしも補助をする人材の確保が必要では
なくなってきており、
会社としても間接的業務しか行わない要員よりも、
売上に直結する仕事ができる
人材が欲しい訳ですよな。
( ̄▽ ̄)ノ
もともと一般職正社員の募集枠というのは
少ないものだったのですが、
今後は、全員を総合職として採用
もしくは採用後、
適正を見て一般職と総合職に
振り分ける採用方法が主流になるのかもしれやせん。

こんな一般職正社員は
将来的に会社のお荷物となること必須

・ルーティンが好きで
「変化が嫌い」「チャレンジするのがイヤ」
とやり方を頑なに変えようとしなかったり
業務の幅を広げようとしない。
・産休・育休・時短等の制度は
しっかり駆使する癖に、
会社に貢献する意識は欠如しており
面倒な状況を避けようとばかりする。
・自力で問題を解決する意識に欠け、
すぐに他の社員に丸投げしたり、
責任を押し付ける。

まっ、オイラもどちらかというと
ルーティンが好き、
責任が軽いのが好き派なんだけどさ、
非正規だからというのを免罪符にしている
訳なのですが、

こんな意識の低い女性一般職正社員達ばかりでも
昔は結婚・出産で辞めっていってくれていたので
問題なかったが、
今の女性正社員は辞めまへん。
┐(´д`)┌
なので企業にとっては、
「一般職正社員達の将来的なコストの問題」
に頭を抱える日も
そう遠くはない所まできておりやす。
だから女性活躍推進の一環として、
一般職の年次が上がるにつれ、
どう会社の利益に貢献していくかという
取り組みを一般職間で議論する活動を行う
企業も増えているそうな。

そうなると、
最低限の仕事だけルーティンでこなしていれば
良しと考えている女性一般職正社員にとっては
居心地が悪いことこの上ないであろう。
しかし、
そんな自分達を今のままで定年まで過ごさせてくれる
余力は今はどの企業にもないし、
昔と違い、
現在は一般事務は契約社員や派遣社員などに
任せれば良いという選択肢があるからねぇ・・・。

なので今後の一般職正社員の在り方としては、
「給料や待遇のメリットはしっかり享受するが、
仕事は与えられたものだけこなしていれば良い」
という姿勢では
企業の採算に合わないので、
皆声にはださないが、
辞めて欲しい存在で・リストラ候補筆頭であり
周囲の風当たりもキツくなること必須。

一般職という職種自体が無くなったり、
一般職でも総合職との垣根が無くなる位の
働き方が求められる時代へと変貌を遂げていき、
楽にのんびり仕事をしたい派の
一般職正社員にとっては
厳しい時代がやって来るのかなと予想。
正直オイラは派遣なので、
舐めた姿勢の正社員は淘汰されろと
思っておりやす(・ε・)
えぇ、非正規社員の僻みと言われても結構ですとも。

非正規ですが、一般職として働くオイラにとっても
他人事ではないので、
女性の働き方改革というものも含め
こういった問題には
凄く敏感に見ている次第でございやす。

スポンサーリンク