朗報!自動車任意保険が2018年に値下げ

スポンサーリンク

自動車任意保険、値下げ=算出の目安平均8%
【時事通信 2017/5/12(金) 15:00配信記事より】

損害保険各社でつくる
「損害保険料率算出機構」が、
任意加入の自動車保険について、
保険料を決める際の目安となる
「参考純率」を平均8%引き下げる
見通しとなったことが
12日分かった。

14年ぶりに自動車任意保険が値下げされる!

「参考純率」の引き下げの結果を受け、
損保会社各社は保険料に反映させる方針で、
2018年度以降に一斉に値下げする見込みとのこと。
(人´∀`).☆.。.:*・゚

今回引き下げの理由は、
安全運転支援技術の普及による
事故率の低下により、
自動車保険収支が改善していることから
参考純率の引き下げが妥当と判断されたことによる。

しかし、必要経費の考慮すると、
実際の値下げ幅は最大5%位になるらしい・・・。

自動車保険には、
法律により自動車保有者には
加入が義務付けられている「自賠責保険」と、
強制的加入義務はないが、
自賠責保険ではカバーしきれない
損害を補償する「任意保険」の
2種類があるのは、
自動車を保有し運転をする人なら
周知のこと。

「自賠責保険」

しかし、保証の詳細について
あまり知られていない
「自賠責保険」について簡単に説明すると、

【自賠責保険の更新】

通常、車検の時期とあわせてとなっており、
車検料金の中に、
自賠責保険2年分が含まれている。

【自賠責保険の保証】
◆死亡による損害:限度額1人につき3,000万
◆傷害による損害:限度額1人につき120万円
◆後遺障害による損害:
1人につき75万~4,000万円

【自賠責保険の保険料】

実は自賠責保険料も引き下げが行われており
( ゚∀ ゚) ヘェ
2017年4月1日以降が契約始期の車に関しては、
自賠責保険料は以下に変更されておりやす。
実は契約期間が細かく分かれているのですが、
(37ヶ月・36ヶ月・25ヶ月
・24ヶ月・13ヶ月・12ヶ月)
新車購入時から3年後、
後は2年起きに発生する車検時と一緒に
更新されることが多いので、
24ヶ月の場合のみ記載いたしやす。
◇自家用乗用自動車
24ヶ月 25,830円
◇軽自動車
24ヶ月 25,070円
◇バイク(250cc超)
24ヶ月 11,520円
◇バイク(125cc超~250cc以下)
24ヶ月 12,220円
◇原動機付自転車・バイク(125cc以下)
24ヶ月 9,950円

「任意保険」

任意といいつつ、
自賠責保険の保証だけでは手薄感は
否めないので、
ほとんどのドライバーは加入している
「任意保険」
この「任意保険」「自動車税」
「車検」「メンテナンス代」が
自動車所有者には常に付き纏うので
車は金食い虫と言われる所以
(´ε`;)

任意保険は等級性

無事故で保険を使わなければ、
任意保険は1年毎に等級が上がっていき、
最高が20等級。
等級が上がる事に割引き率も上がっていきやす。
最高値は20等級の63%
しかし、事故等で
保険を使うようなことがあると
3等級ランクダウンしてしまい、
さらにそこから2年間は「事故あり等級」の
割引率の適用となってしまう。
。・゚・(ノД`)・゚・。
ゴールド免許を保持していると、
ゴールド免許割引で保険料もお安くなるため、
無事故無違反優良ドライバーでいることは
節約にも繋がるのでやす!(`・ω・´)キリッ

そんなオイラの等級はというと・・・。
20等級イェーイ!( ̄▽ ̄)ノ
来年の自動車任意保険値下げも相まって
20等級を維持していけば、
保険料の節約が期待できるぞ!っと(*´ω`*)
今回記事によると、
「中心的な値下げ幅は
3000~4000円程度とみられる」らしいので、
オイラは来年
ちょうど更新時期にあたるので、
現在の保険を継続するのか
新たに変えるのか
吟味したいところでありやす♪

スポンサーリンク