iPhone電池交換が2018年12月末までなら3,200円で行えるということで申し込んでみた②

スポンサーリンク

iPhoneの中の写真や動画を
iTunesが読み込んでくれないのですが・・・

前回記事の続きでごあす( ̄▽ ̄)ノ

「必ずバックアップしておいて下さい」
と注意事項がございやしたので
こちらのリンク先の
iTunes でバックアップする方法
見ながら、iTunes でバックアップを行うまでは
スンナリできた。

しかし・・・・

「うん?iPhoneで撮った写真や動画が
バックアップされておらんぞ?
これは・・・(・ε・)?」

よくよく調べてみると、iTunesとというものは
本来はiPhoneで撮った写真や動画の
保管場所ではないので
勘違いしないでねということであった・・・。
例外でiCloud などに保存されている写真や動画なら
バックアップできるよというだけなのであった。
なので、オイラのようにiCloudストレージの容量は
既にいっぱいいっぱいの状態であり、
クラウド上に保存されていない写真や動画なんて
シラネーヨ!ということのようだ。
しょんぼり(´・ω・`)

では、どうしたら良いのか?
大事な写真や動画が万が一消されてしまうなんて
耐えられない。
しかし、解決方法は2つある♪良かった。

・ストレージを購入して容量を増やす
・PCに保存する

いずれかである。
PCに保存する方法はこちらの
Softbankのサイトに記載がありやした♪
(Windows8.1 or Windows10の場合)
iPhone に保存されている写真をパソコンに保存する(Windows® 8.1 / Windows® 10での操作方法)
無事に写真や動画もバックアップを取ることができやした!
(≧∇≦)b

生まれて初めてのアップルストア

さて、本日予約日でしたので
アップルストアに行ってまいりやしたよっと!
奇しくも日曜日。
先に電池交換を既に済ませている身内に聞くと、
かなりの混雑が予想されるとのこと。
受付から受け取りまで、
平日なら2時間、休日なら3時間は
待たされるので覚悟しておけとさ。
「さっ、さんじかーん!?(;゚Д゚)エエー」

~アップルストア到着~
身内に到着したらどうしたら良いのか
事前に確認しておいたところ、
店内のいたる所に
青色のシャツを着た店員がいるから
そこに予約番号を控えたものを見せればよろしいと。
で、その通り話しかけてきた店員に
かれこれ話した所、名前を確認され
「空いているテーブルに座ってお待ち下さい」
と指示を受ける。

店内にはお客がごった返している。
果たしてオイラがどこに座っているか分からない
この混んだ状態の中、
店員はやってくるのか?
ずっーと放っておかれたりしないだろうかと危惧。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
とりあえず、ケースからiPhone本体を出しておく。

5分位経った頃であろう、
一人の店員がオイラの名前を読んで探しにきた。
ε-(´∀`*)ホッ
店員はオイラのiPhoneをWi-Fiに繋ぐと、
ユーザーであるオイラが
これまで開いたこともないようなページを
次々確認し、
結果をiPadみたいなタブレットに入力している。
そしてバッテリーのテストをされ、
結果は86%
「バッテリーの性能は80%以上ありますが
交換されますか?」と確認されたが
「交換してください」で押し通すオイラ。
せっかくはるばるやって来たのだし、
3,200円で交換できるのは今年いっぱいまで。
そりゃあ交換しますよ。
実際とても86%もあるとは思えないほど
減りが早いしな。

しかし、今回は謝罪対応のため特例で
バッテリーテストの結果にかかわらず
対応してもらえるようだが、
通常の電池交換は容量が80%未満の場合にしか
対応してもらえないらしいっす。
で、見積書を渡されて
「3時間後の18時から21時までの間に
再度ご来店願います」と店員。
この時15時。
あゝやっぱり3時間待ちなのねー
。・゚・(ノД`)・゚・。
幸いにも時間を潰せる所は沢山あるし、
服を試着したり、
じっくり選んでいたらあっという間に3時間経過。
最後は、身分証を提示し修理代金を支払い。
(支払いはクレジットカード払いでも可)

税込3,456円なり。
本当に3,200円(税抜)で
電池交換できやしたーー
(人´∀`).☆.。.:*・゚

控えに修理確認書と見積書をいただき無事に完了♪

帰宅し、このブログを書いている現在も
電池の減りは緩やかである。
12月になれば駆け込み需要が増えると思われやす
ので、対象機種をお持ちの方は
早めのご対応をお勧めいたしやす。

あっ、データは無事でございやしたよ♪
おそらくは大丈夫ですが、
やはり自己責任でバックアップは
事前に行っておくのをお忘れなく。

スポンサーリンク