楽天証券のiDeCoも2017年5月18日より、毎月の口座管理手数料が0円恒久化

スポンサーリンク

楽天証券の方が先立っていた・・・。

昨日SBI証券iDeCo手数料0円について
書いたばかりですが、
SBI証券のiDeCo 2017年5月19日より、口座開設手数料・毎月の口座管理手数料が0円と生まれ変わります!!

実は、楽天証券の方が一足先に
毎月の口座管理手数料を恒久0円化を
発表しておりやした。

2017年5月18日から、
楽天証券は個人型確定拠出年金の
運営管理手数料が0円に!!

楽天証券HPより
iDeCo運営管理手数料改定!条件なしで誰でも0円に!
不覚にも楽天証券の方が先であったのに
SBI証券の情報より後に知りやした・・・。
この手に特化したブログを書いているのに
失格・・・_| ̄|○ il||li
申しわけないっす。

【変更点】

口座管理手数料(毎月)
残高10万未満
毎月 226円(税込)
残高10万以上
毎月  0円(税込)

2017年5月19日より残高に関わらず0円
ちなみに楽天証券は、
iDeCoの口座新規開設及び、
企業型年金などから楽天証券の個人型確定拠出年金へ
年金資産を移す時の移換時手数料は
もともと0円なので、
変更点は毎月の口座管理手数料分だけに
なりやす。

SBI証券と同じく
以下手数料は現行のまま

国民年金基金連合会および
事務委託先金融機関(信託銀行)へ
支払う管理手数料は現行のままでやす
( ̄▽ ̄)ノ
(詳細は以下の記事で書いておりやす)
iDeCo(個人型確定拠出年金)で口座管理手数料以外にかかる手数料は?2

【iDeCo口座開設時】
口座開設手数料
国民年金基金連合会へ2,777円(税込)

【運用中】
口座管理手数料
国民年金基金連合会へ年1,236円(税込)/月額103円
事務委託先金融機関へ年768円(税込)/月額64円

【移管時】
iDeCo(個人型確定拠出年金)から
他の確定拠出年金へ移換または、
他の金融機関に運営管理機関を変更する場合
旧運営管理機関(今回で言うと楽天証券のこと)
へ4,320円(税込)

【還付発生時】
iDeCo運用中に国民年金保険料未納を
した場合の還付事務手数料
国民年金基金連合会へ1,029円(税込)
事務委託先金融機関へ432円(税込)
運営管理機関(今回で言うと楽天証券のこと)
へ648円(税込)

【給付時】
給付手数料
給付を受ける時に発生する費用
信託銀行へ432円(税込)/1回

【変更後の必要諸経費】

【口座開設時・移換時】
旧 2,777円+0円=2,777円(税込)

新 2,777円+0円=2,777円(税込)
変更なし

【毎月】
旧 残高10万未満まで103+64+226=
毎月393円(税込)(年4,716円)

旧 残高10万以上103+64+0=
毎月167円(税込)(年2,004円)

新 残高に関わらず103+64+0=
毎月167円(税込)(年2,004円)

なお、運用指図者の場合は
旧 残高10万未満0+64+226=
毎月290円(税込)(年3,480円)

旧 残高10万以上0+64+0=
毎月64円(税込)(年768円)

新 残高に関わらず0+64+0=
毎月64円(税込)(年768円)

iDeCo加入者獲得に本気の2強

現在、iDeCoで口座開設するなら
ココでしょ!?
と挙げられる
「楽天証券」と「SBI証券」
この2強が同条件となったことで
どうなるのか?
「SBI証券に加入するには
ココがネックだよね」
と言われていた口座管理手数料の
部分が解決したことにより、
SBI証券と比べるとラインナップに劣る
楽天証券は今後どうするのかにも
注目(*´ω`*)

iDeCoという制度は
決して証券会社に儲かるものではないが、
それでもお客にとって好条件を打ち出す
姿勢にこの2強の顧客本位主義
を感じられますなぁ。

スポンサーリンク