iDeCo(個人型確定拠出年金)で口座管理手数料以外にかかる手数料は?

スポンサーリンク

これでも加入する?
iDeCoは何かある度に
手数料を徴収されるぜー

iDeCoの事を調べれば調べる程、
「どんだけ手数料取るねん!
おんどりゃー(`□´)」と
ちゃぶ台ひっくり返したくなりやした。
(怒りの表現が古っ!)
知っていやすか?
手数料を払うのは、加入した①運営管理機関である
銀行や証券会社だけではなくて、
②国民年金基金連合会
(国民年金法に基づいて設立された、
特別の法律により設立される法人)
③事務委託先金融機関
(国民年金基金連合会から委託を受けて、
個人別管理資産を管理する信託会社(信託銀行))
この②と③の機関にも支払わなくてはならないのさ。
実際の徴収は掛金から控除されてとかなので
あまり意識することはないかもしれやせんが、
どのタイミングでどこにいくらかかるというのは
以下のとおり

【新規口座開設時
及び企業型年金等から個人型確定拠出年金へ移管時】
口座開設手数料
国民年金基金連合会へ2,777円(税込)
運営管理機関(金融機関)へ0円~

【運用中】
口座管理手数料
国民年金基金連合会へ年1,236円(税込)/月額103円
事務委託先金融機関へ年768円(税込)/月額64円
運営管理機関(金融機関)へ0円~

運用指図者の場合は
(掛金を新たに拠出せずに、
過去積立てた年金資産の運用のみをする場合)
国民年金基金連合会へ0円
事務委託先金融機関へ年768円(税込)/月額64円
運営管理機関へ0円~

【移管時】
iDeCo(個人型確定拠出年金)から他の確定拠出年金へ移換または、
他の金融機関に運営管理機関を変更する場合
移換・運営管理機関変更時手数料とられるぜー!
旧運営管理機関へ4,320円(税込)

【還付発生時】
iDeCoやってるのに国民年金保険料未納すると
その月の掛金は突っ返されて
還付事務手数料TOTAL 2,109円(税込)!
徴収されるぜー
国民年金基金連合会へ1,029円
事務委託先金融機関へ432円
運営管理機関へ648円
(( ;゚Д゚))ブルブル
iDeCo入ったら絶対未納できないぞー。

先の話だが、
【確定拠出年金受取時(毎回)】
受取時手数料
事務委託先金融機関へ一律432円

赤字部分の手数料は
どこの金融機関でも一律かかってくる
固定手数料である。
つまり発生時には必ず徴収されるということを
ご念頭下さいませ(-ω- )

まだ未加入の人にとっては、
口座開設時と毎月の管理料にいくら
かかるかということしかピンとこないと思うが、
口座開設時には2,777円、
口座管理手数料として年間2,004円は
必ず支払わなくてはならないことを
肝に銘じておこう!

あっ、あと手数料だけじゃなく

エーーーンド
投資信託ならどの銘柄で運用するかによって、
信託報酬だけではなく買付手数料もかかってくるしー

エーーーンド
受取時には手数料だけではなくて、
課税もされるんだぜー

っていうのも忘れずに( ̄▽ ̄)ノ

事前にちゃんと知っておこう!

溢れんばかりの控除の恩恵を受け、
節税効果もありやすが、
こうしてみるとさすが金融機関
手数料のオンパレードという気がしやせんか?
金額は少額でも、
何か手続きをする度に事務手数料がかかるのでは
iDeCoの維持費も馬鹿にならないですなぁ・・・。
60歳までと長きに渡って運用するのですから
1回も何も起こらず満期を迎えるとは
考えにくいことですし、
こうやって手数料が都度かかることは
事前に知っておいた方が良いでしょう。
予想だにしない手数料を徴収されるのは
ストレスになるものでやす(-ω- )
こうなってくると、
少しでも維持費を抑えるには
青字部分の運営管理機関へ払う口座管理料で
差をつけるしかないということになりやすね。

スポンサーリンク