恋愛・結婚はマイナスが増え、失うものが多いコスパ悪い行為と言ってしまうアラフォー

スポンサーリンク

コスパは悪いが、
学ぶことも多い恋愛・結婚

さて、
今回の記事のテーマ
恋愛・結婚至上主義の人達に
冷水をかけるようなものでございやす。
( ̄▽ ̄)ノ
しかし
こんな記事を書くオイラ自身が
究極の恋愛・結婚願望の強い人間でした。
結婚はしたことがないので
無責任なことは言えやせんが、
恋愛はたくさんするべきだと思いやす。
随分矛盾していると思われるでしょうが、
自分以外という
思い通りにならない他人を
コントロールして思い通りにしたいという
究極の欲望への苦しみと、
相手を喜ばしたい・幸せにしたいと
自分よりも誰かの為に奔走する
自己犠牲に対する喜び。

人は相反する2つの感情に葛藤してこそ
自分の思い通りならないことがあることを学び、
人の痛みというものを知り、
思いやりや優しさを育み成長しすると
思うからです。
この2つの感情を究極に思い知らされるのが
恋愛や結婚や子育てであるのですよね。

なんのために
人は恋愛・結婚するのか?

子孫を残すために人間に備えられた
「本能」というものでもあるでしょうし、
今回の記事のテーマ画像のように
自分の中の欠けたものを相手というピースで
埋めようとする代償行為なのではないかと
思うのです。
けれども、自分の満たされない思いを
他人や他の何かで埋めようとする行為は
依存でありやす。
そうすると
相手が自分の思い通りにならなくなった時
また満たされなくなるし、
ハマった(ように見える)ピースを
失いたくないと執着するようになる。
何かを得るということは、
その何かを失う不安や恐れも
引き受けるということ。
物ではないので失ったらまた同じものを買えば良い
という訳にもいかないし、
相手は自分とは違う別の人間なので、
自分がすべてをコントロールすることはできない。
その結果、相手に執着したり、
自分と理想とするものとのギャップに
ストレスも感じるわけですな( ̄▽ ̄)ノ

恋愛・結婚に向いている人とは?
当てはまらない人はしない方が
幸せかも

実は恋愛や結婚って
愛情深くて思いやりのある人程、
しても苦しさばかり頭角してきて
ちっとも幸せじゃないんですよね。
幸せ2:苦しみ8って感じでしょうか。
なぜならそういう人って
優しいし、気がつくし
相手の気持も察することもできる。
その分、自己犠牲も強くなる。
人間って未熟なので結局は
見返りを求めてしまう。
で、大抵思い通りに返ってくる訳もなく。
(´・ω・`)
その結果、
自己犠牲は結局はフラストレーションを
溜めるだけ自分を何も幸せにはしない(-ω- )
それを相手にぶつけられる人ならまだマシだが、
優しくて自己犠牲の強い人程
相手の気持を考えすぎて何も言わないし、
自分の気持をぶつけることはワガママだと
自分を責めてしまう。
こういう人は恋愛・結婚には向いていない。
残念ながら辞めたほうが良いというのが
自己の経験から悟った
超独断的な個人的見解でございやす。

身も蓋もないが、
実は恋愛・結婚に向いている人というのは、
こういった人達と真逆な人なのである。

人に依存せず自立しているという立派な人
というよりも、
自己チューで自分の事にしか感心のない人
自分以外の人間に感心のない人
自分の都合を重んじることに抵抗がない人
あんまり何にも考えていない人
こういう人なら
誰かと恋愛・結婚しても自分のペースを崩さずに
結果、フラストレーションを溜めずに
やっていけるだろうなと・・・(-ω- )
まぁ、相手の人間のフラストレーションは
対比して物凄いことになるだろうことは
容易に推測するので、
いずれ相手から三行半を突きつけられて
破綻というリスクも高いでしょうが・・・。

このように相手をすべて自分のペースに
巻き込み合わせさせることに何も感じない
(本当にこういう人って鈍感で
何の罪悪感も感じないんっすよ)
究極の自己チューであれば恋愛・結婚は
快適に過ごせるでしょう。自分はね(笑)
個人的には
そこまで突き抜けられない
半端な自己チューのが多くて
そういう人のが迷惑な存在ですが・・。
(本質はズルくて自己チューなのに
それを隠して接してくるから)

これでも恋愛・結婚したいか?
失うもののダメージ大きくてリスキー

恋愛・結婚すると3大失うものが
以下の3つでございやすよね( ̄▽ ̄)ノ
自分の時間
相手へのサービスに時間を割くことが
当然でてきやす。
結婚したら子育てや
相手の親・親戚との付き合いもありやす。
仕事や自分の雑務を除いた
100%自分の好きに使っていた時間も
割合が減りやす。
友人や他の人間関係との交友に
割ける時間も自ずと減りやす。
オイラだったら、
休日の大好きな昼寝も割くことになるし、
ブログを書くことの調整も強いられやす。
( ´Д`)=3

精神的安定
逆に
「結婚しちゃえば自分のものなんだから
安心だし精神的に安定するでしょ?」
というめでたい思考回路の人なら
いいでしょうが、
結婚していようが、
誰かに取られる可能性はあります(爆)
そして
パートナーというものは、
物理的には自分の側にいるけど
精神的には自分のものにならない。
思い通りにならない。
(勿論それが当たり前であり、
パートナーに限らず
どんな人間関係もそうなんですが・・・)
それによるストレスが増えるだけで、
独り身の方がどれだけ精神的に楽で安定するかと
いう話です。
パートナーがいるということは
どうしても相手に対する期待というのが
生じてしまいやすからね。

お金
ええ、このブログらしく
お金の話ですよっと!
相手のためや2人のために
かけるお金が生じて
出ていきやす(´ε`;)
デート代や食事代
相手へのプレゼント代
相手の女性に奢ったりで
男性ばかりお金がかかるように
思われるかもしれやせんが、
そんなことありやせん。
女性だって
相手の男性のために
洋服や美容費、下着(笑)だって
新調しなくてはなりやせん。
それに今の男性そんなに奢らないじゃん(爆)
相手の家に行く場合の交通費なんかも
地味に負担(-ω- )
相手に気に入られたいという意図が
働くと、散財しやすよね。

たとえコスパ悪くても
コントロールできないもの

恋愛体質であったオイラも
経験値を積んで、
散々色んな思いを味わって、
求めているものは得られないし
幻想であることを知る。
期待しすぎてしまう自分が
いかに恋愛や結婚に向いていないかと
思い知ってしまったのですよね。
(´;ω;`)ブワッ
だからといって
完全に恋愛・結婚というものに対して
吹っ切れて無用論を突っ走るというより、
もう恋愛なんてしたくない
結婚なんてしなくていいとは
言い切れない弱さを抱えて
やり過ごしているという表現の方が
しっくり来る状態。
こんなに現実はプラス面が僅かで
マイナス面のが圧倒的で煩わしいもの
と分かっていても、
人を好きになるとか
愛されたいと思う気持は
コントロールできないもので
ござるのが人間の性なのですかねぇ
(-ω- )

精神安定・安心が何より♪

このアラフォーブログ主、
精神削る恋愛・結婚をするくらいなら
独り身でもいいかと思うようになってしまいました。
だって、刺激がなくても
心が安定して安心して暮らせることが
一番幸せだと分かってしまったんですもの。
恋愛・結婚って
ほとんどの場合が不満・不安を溜めて
年々それが増していくものだと思う。
どんなに理想的なカップルで
幸せで仲良さそうに表面上には見えても
本当のところは分かりません。
どっちか、あるいは両者の犠牲の上に
成り立って保っているものかもしれやせんし、
恋愛・結婚の本質って
本来そういうものかも・・・。
個人的には犠牲・我慢しなくては
ならないのは働くことだけにおいてだけで
十分でございやす(-ω- )
ええ、
ワガママだし忍耐強くもないし、
勝手に自己犠牲しやすい自分のダメさというのを
自覚しておりやすので
今後は精神削らない範囲で
ホッコリひっそり人を好きになったり
していこうと思っていやす(笑)
そして、
自分のことは自分で賄える
自立した人間を目指して
資産形成・資産運用に重きを置いて
これからも頑張っていこうと思いやす。
人はどう変わるかわからないけれども
取り敢えず今のオイラはこんな感じで
突っ走っていきやす( ̄▽ ̄)ノ

スポンサーリンク