派遣会社「テンプスタッフ」2017年7月1日付けで社名を変更へ

スポンサーリンク

総合人材サービスの
テンプホールディングスは、
2017年7月1日から、
これまで40年以上に渡り
グループブランドとしてきた
「テンプ」から新たに
「PERSOL(パーソル)」へ変更
すると発表した。

【日本人材ニュース記事を参照】
「テンプ」から「パーソル」へ、テンプグループがグループブランドを変更

テンプの歴史

1973年5月篠原欣子氏
(テンプホールディングス取締役会長)により
事務処理サービス業を目的として創業。
2008年には中部地盤のピープルスタッフと
共同持株会社である
「テンプホールディングス」を設立。
これまで以下の派遣会社との統合・子会社化を図り、
現在、業界トップを走るリクルートHDに次ぐ
業界第2位
2015年3月
パナソニックエクセルスタッフを子会社化
2015年8月
株式会社P&Pホールディングスを子会社化
2016年2月
株式会社インテリジェンスの首都圏における
事務派遣領域を統合

相性の良い派遣会社というものは
確かに存在する

今回の社名変更のニュースを受け、
えぇぇ!?(゚д゚)と結構驚きのkotsukotsu。
テンプスタッフは、
オイラが派遣社員になるにあたって
一番最初に登録した派遣会社であり、
これまでも一番派遣契約を結ぶことの多かった
オイラにとっては相性の良い
派遣会社だからだ。
この派遣会社から紹介された派遣先会社での就業は
長続きするとか、
この派遣会社から就業した派遣先は最悪だったとか、
不思議な話だけれども
派遣会社との相性というのも存在するのよ。
なので、
ゲン担ぎ的な意味合いも込めて、
オイラはなるべく
良い派遣先に当たった時に
派遣契約を結んだ派遣会社から
就業をするようにしている。
その相性の良い派遣会社であった
テンプスタッフがどう変わってしまうのか?

新ブランド名「パーソル」とは?

新グループブランド名の
PERSOL(パーソル)は、
「PERSON=人の成長を通じて」と
「SOLUTION=社会の課題を解決する」という言葉を
組み合わせた造語で、
「人は仕事を通じて成長し、社会の課題を解決していく。
だからこそ、働く人の成長を支援し、
輝く未来を目指したい」という想いを込めている。


社名といい、新ロゴの感じといい、
某大手派遣会社に似てる気がしないでもない・・・。

ピンクのコーポレートカラーで、
「テンプりん。」というキャラクターが印象的な
「テンプ」というブランドがシッカリ確立されているのに
なぜ今更変える必要があるのかは
個人的には疑問符・・・(´・ω・`)

概ね満足度の高い派遣会社であるが、
同じ案件でも
他社と比べ時給が低めの設定な気がするので
社名変更に伴い、
今後スタッフに対する待遇面でも改善を
期待する次第でございます。
( ̄▽ ̄)ノ

スポンサーリンク