女は境遇が違うと溝の深い境界線が引かれる

スポンサーリンク

オイラは結婚もしていないし、
子供を産んだこともない。
だから、
夫婦とか家族の生活設計とか
子育てブログみたいなのは
オイラにとってはつまらない事この上なし。
(-ω- )
かといって、
同じ独女でも正社員の人の
ボーナスは無駄遣いせず
こんなに貯金していますーって将来設計ブログも
残念ながら参考にならない(´・ω・`)

逆もしかり、
きっと同い年でもオイラと違って、
子供もいて
しっかりとした家庭を持っている女性にとっては
貧困派遣独女のブログなんて
優越感に浸るにはいいだろうが、
「気楽でいいわよねー」
「責任無くていいよねー」で何の共感も
得るものもないであろう。

女性という生き物は、
表面上は誰とでも
さし当たり無く接しているように見えるが、
最終的には
同じ立場のカテゴリー同士でつるみたがる人種だ。

なんといっても「共感」
女性同士の絆を作るものだからだ。

なので、立場が違ったりすると
互いの苦労が分からないという事が起こる。
分からないから共感できないし、
向こうからも共感してもらえないという
そうなると疎遠になる事定期。
(´;ω;`)ブワッ
それでいて
自分が持っていない幸せをひけらかされると
内心イラッとする。
はい!
ハムよりも薄っぺらい女の友情そこで終了~!

それは会社という場所でも同じく影響してくる。
会社には立場が違う人が様々。
正社員の人、非正規社員の人。
結婚している人、独身の人。
子供がいる人、いない人。
20代の人、30代の人。
40代の人、50代の人。
新人の人、ベテランの人。
男性はライフイベントが会社での立場に
影響してくることはあまりないが、
女性はもろに影響してくる。
特に結婚・妊娠
これで同じ女性社員同士で境界線ができる(笑)

ここからはオイラの独断・偏見・独り言。
(いや、冒頭から既にそうなんだけどさ)
このブログ、もうワーママ
(ワーキングマザー)の読者は
獲得できない覚悟の上で言う。
(以下に書いてある事、
ワーママだけとは限らないけどね)

オイラはプライベートの事情を盾にし、
権利ばかり主張する社員は大っ嫌いだ。

プライベートの事情に理解を示し、
考慮してくれる優しい会社が増えているが、
それに甘んじてばかりいる社員は嫌いだ。

長期離脱している間
残った人達に迷惑をかけているのに、
復帰したら違う部署に異動は嫌だとか
違う仕事は嫌だとかほざく社員は嫌いだ。
1年以上休んでいたのに
正社員という立場を
残してもらえただけでも感謝しろよと思う。

そして復帰したのなら
プライベートの事情を振りかざすのはやめろ。

会社はアンタが仕事と家庭両立できるように
配慮して当たり前だと思っていないか?

自分がいない間負担をかけられた人達のことを
思ったことはないのか?

戻ってきたのなら
そういうことおくびにも出すなよ。
「家庭の事情」「家庭の事情」と言うのなら、
正社員辞めて非正規雇用で両立できる仕事探せよ。
家庭に事情あったりするのは決して
ワーママだけじゃないんだぞ!

ちなみにオイラ、
会社に子供を見せに来る勘違い社員も大っ嫌い。
アレってなんのため?
何をアピールしたいわけ?意味不明(-ω- )

こんな風に思うのはオイラが派遣だから。
派遣だったらプライベートな事情を持ち込むことなど
許されないから。
最終的には辞めるという選択肢しかないから。
入社した会社が福利厚生・メンタルヘルス・産休育休
制度がすばらしく整ったで、
そこにしか勤めたことがない人達というのは、
自分がどれだけ恵まれているか分かっていない。
それは当たり前ではないのだよ?
甘ったれるな正社員と言いたくもなるさ・・・。

「嫉妬しているだけじゃん。イヤーねー」上等!
みんな自分の立場からしか物事を見てないじゃん?
オイラはオイラの立場で主張する。

元々会社なんて
母親になった人が無理なく働けて、
出世して、ずっと安泰に波風立たずに
存在できる場所ではない。
だって、利益を追求するところなのだから。
だって、様々な立場の人間が働いている場所だから。
色んな考えの人がいるから。
プライベートな事情を持ち込むはいいが、
結果を出せない人間なんていらない。
母親というプライベートな立場振りかざして
弱者を演じる奴ウザイ。
そう思っているオイラみたいな人間もいるのだから。

どれだけ女性が社会進出しても
結婚出産した女性が働く事が辛い社会は
ずーと変わらない。
だって、母親業って特に子供が小さい内は
何か別のものと両立できるようなものでは
無いよ。
自分の想像を遥かに絶するしんどさだよ?
オイラ絶対ムリだもん。
だから子供を産むという選択は
人生においてしないと思う。
だから子育てしている人って凄いと思う。
本当に。
けれどね、
その事情を会社に持ち込む事は別だと思っているから
ああやってワーママを敵に回すようなことを言う。
女性は出産したら「働く事」に関しては
滅茶苦茶不利。
それを覚悟しないと・・・悲しい事だけどね。
それはイヤ。でも子供は欲しいという
夢を持つ独女は、
専業主婦になっても余裕で生活していける
稼ぎのある男性と結婚しましょう。

じゃあ独身だったら
会社に迷惑をかけることとは無縁なのか?
というとそんな事はなくって、
自身の病気だったり、
介護だったり出て来るかもしれない。
そういう場合でも
会社に制度が整っていて、
利用できるならそれに越したことは無いと思う。
けれども自分自身の性格上、
会社に対して
迷惑ばかりかけて十分な働きで返せないと
思ったら別の道を考えると思いやす。
当たり前だけれども
自分の都合は会社には関係ないし、
会社は従業員のすべてを手厚く保護してくれる
機関ではないのだからと思っている。
給与に見合う働きができなくなったのなら
潔く去ろうと。

女は人生において環境の変化を強いられることが
多いからこの点はしんどいよなー。

スポンサーリンク