メルカリに出品して本当に売れるのものなのか?考察日記1

スポンサーリンク

常に断捨離が必要な理由

前進ブログも読んでくだっている方は
ご存知かもしれないが、
オイラは服を購入するのがとにかく好きだ。
しかし「服は消耗品であり、
長く保持しておけるものでもないし、
一度でも着用すればどんなに高値で購入しても
価値はだだ下がりになるもの」というのが持論なので
コート類を除く服は
どんなに好みでもボトム上限5,000円まで、
トップスに至っては上限3,000円までが限界で
セール品やもともと安いモノしか買わない。
なので服を買うのが好きといっても
特段こだわりがあったり
オシャレというわけでもない。
ただ沢山のアイテムがあると安心するし、
夢中になって服を選び、
お目当てのものを自分のものとする時に
なんともいえない高揚感に浸れるので
やめられないのだ(笑)
(´∀`*)
しかもストックがあると安心するという気質な俺は
気に入った服は同じものを色違いや2枚買いする。
そんなこんなでオイラの部屋のクローゼットは
常にパンパン状態(´ε`;)

専ら実物も見れない・試着もしない
ネット買いが多いのだが、
ネット買いのメリットとして
歩き回ったりして疲れることなく
店舗で買うよりも安く購入できる点があるが、
当然失敗も多々・・・。
おまけに趣味嗜好も度々変わる事が多く、
2枚買いしたのにもう趣味じゃなくなった
ということもやらかすので、入ってくる分
放出も多いという実に無駄なことをやっている有様。

自分でもやめたいがこれはオイラにとって
ストレス解消でもあり、
数少ない夢中になれることの一つなので、
やめようやめようと思っても
ついついファンション通販サイトに
アクセスしてしまうという禁断症状が・・・
(( ;゚Д゚))ブルブル
これはもう割り切るしかないのかもしれない。

そこでテーマは

少しでも利益を得る方法で処分する

なのである。

服を処分する際は、
①ゴミに出す
②売るの二択になると思うが、
少しでもお金に変えられればと
できる限り②の売るの方法を選択するようにしている。
その中でも1番手軽なのは
服を詰めこんで、リサイクルショップに持参し
買い取りしてもらう方法。
その中でも店舗数も多く気軽だということで
以前は頻繁に利用していたのが
BOOKOFFであるのだが、
はっきり言って本当に二束三文だ。

BOOKOFFの洋服買取事情

10点以上出しても、
比較的きれいな状態で出しても、
購入時の値段が高かろうが
査定額全部で200-500円位
(´;ω;`)ウッ…
まあね、
オイラの場合ノンブランド品ばかりだしね。
それでも沢山出しても
わざわざ出向いて、待ち時間もあって
「2,000円くらいにはなるといいなー♪」
と思っていたのが、
10分の1の200円にしかならなかった時は
心の中では軽くショックを受けている。
おまけに高く買い取ってもらえると思った品が
「値段が付きませんでした」と言われた時は
身体の力が抜けてヘロヘロ状態だ。
・゚・(ノД`)・゚・。
洋服の価値なんてこんなものである。
この経緯があって、
冒頭で述べた持論に至った訳だ。

メルカリに出品を足踏み

リサイクルショップに持ち込むよりも
もう少し高く買い取ってもらえる可能性が高いのが
『ネットオークション』である。
代表的なのは「ヤフオク」「メルカリ」であるが、
オイラはずっと足踏みしていた。
その理由は

とにかく面倒くさそうー( ̄Д ̄; )

だって、
①まず画像つきのコメントと共に投稿
状態のわかる良い状態の画像を載せた方が
良いのはわかるがそれが難しそう。
出品品の紹介文を書くのも面倒。

②配送料を考えた値段設定
「送料は出品者負担にした方が売れる」
とはよく言われる。
それは逆の立場になってみればわかる。
中古品に購入価格とは別に送料がかかると思ったら
購入やめとこーかなと躊躇するし、
着払いにされて
受け取り時にお金を払う手間も面倒くさい。
かといって、こちら側も
どれくらいの送料がかかるかなんてわからないし、
調べれば調べるほどわからない(@_@)
だが送料と手数料引いたら二束三文しか
残らないなんて、
なんのために出品したのかわからなくなる。
しかしレア品でもない限り
高く設定しても売れないだろうことは想像に固い。
あぁ!どうしたらいいんだ!
もう面倒くさいしやめとこーとなる。

②売れたら迅速に発送
何で梱包すりゃあいいんだ?
梱包材買ってこなきゃいけないの面倒。
しかもどういうのに入れて発送すればいいのか
わからない・・・。
大きいダンボールだと送料高付きそうだし。
しかも出しにいくの面倒だなぁ。

と、いうように”面倒くさい”のオンパレードゆえ
敬遠してきたのだが、
今回重いお尻を上げて、
メルカリに出品をして
果たして売れるのかを試し、
記事にしてみたいと思いやした。
面倒くさいが、
やってみれば嫌でも動くしかないから
とにかくやってみよう作戦である。

さてどんな結果となるでしょうか?
つづく(´Å`○)

スポンサーリンク