電子マネーチャージで高額ポイント獲得の筆頭だったリクルートカードもついに改悪に踏み切った!ポイント付与対象額は月間3万円までと制限されるってよ!

スポンサーリンク

1年前、リクルートカードについて
記事を書かせていただきやした。
クレジットカードで節約成功 リクルートカード編

この中で、
電子マネー「nanaco」にチャージすることで、
高還元率1.2%でポイントを貯められる
オイラが紹介するまでもないほど
有名な節約術を紹介いたしやした。

他のカードがどんどん
電子マネーチャージポイントを
改悪していく中、
「いつの日かこのリクルートカードも・・・」
とは思っておりやしたが、
とうとうその日が来てしまったようです
(´;ω;`)ウッ…

ギャビーン!
リクルートからのメールに
「改定」の文字が・・・

本日帰宅すると、
こんなメールが届いておりやした。

電子マネーチャージご利用分の
ポイント加算対象の改定

以下、メールの内容でございやす

『いつもリクルートカードをご利用いただき
ありがとうございます。
このたび、年会費無料のリクルートカードは、
ポイントの加算対象の一部を改定いたします
まことに恐縮ですが、
以下ご確認いただきますようお願い申し上げます。
------------
2018年4月16日(月)より、
下記の対象となる
電子マネーチャージご利用分については、
ご利用金額の合算で

月間30,000円までが
ポイント加算の対象となります。

合算で30,001円以上のご利用分は
ポイント加算の対象外となります。
なお、ご利用金額の対象は
それぞれの電子マネーの合計金額ではなく、
すべての電子マネーの合算金額です。

※月間集計期間は
毎月16日~翌月15日となります。
※2018年4月15日(日)以前のご利用分でも、
2018年4月16日(月)以降に
カード会社へ売上データが到着した場合、
上記の対象となります。

対象となる電子マネーチャージ
【JCBブランド】
nanaco(ナナコ)
モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】
nanaco(ナナコ)
楽天Edy、
モバイルSuica、
SMART ICOCA

なんと!360円分しか
ポイント付かないってよ!

1つの電子マネーにつき
30,000円制限じゃなくって、
いろんな電子マネーに
リクルートカード決済で
チャージした総額が30,000円を超えた時点で
ポイント加算の対象外となるということは、
つまり30,000円×1.2%の還元で
月360円が限度になるということですな。
この電子マネーチャージでの
ポイント付与が目当てで、
毎月10万とかチャージしていた人にとっては
正直萎えるでしょうなぁ(´ε`;)
そうでもしないと
全く採算が取れないということで、
遂に改悪に踏み切ったようですね
リクルートカード。

ちなみにリクルートカードは
数年前には
驚異の2.0%!の還元率を誇る
『リクルートカードプラス』という
カードが存在していたのですが、
新規受付は終了しているものの、
既存会員は電子マネーチャージで
高還元率ポイントを獲得できていたと
思っておりやしたが、
実はこちらも密かに終了しておりやした。
。・゚・(ノД`)・゚・。
【重要なお知らせ】 リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定についてより
『なお、過去に発行していた
リクルートカードプラス(JCB)での
電子マネーチャージご利用分のポイント加算は
2016年9月15日時点で終了しております』
既存のリクルートカードの
電子マネーチャージ利用の
ポイント加算が終了となるのも
そう遠くはないかも知れぬのーと
達観するブログ主でありました。
(-ω- )

スポンサーリンク