何のために作った・・「ライフカード」お誕生月ポイント5倍→3倍へ改悪でこれから作ろうとする人にメリット無し

スポンサーリンク

全盛期ではオダギリジョーの
CMで楽しませてくれたね

ライフカードと言えば、
誕生月にはポイントが5倍になることが
最大のセールスポイントでございやす。
( ̄▽ ̄)ノ
【基本ポイント】
利用金額1,000円ごとに1P
1円につき0.001P
10円で0.01P
100円で0.1Pということですな。
(ポイントは100円単位で貯まりやす)
ポイント交換する際は、
ギフトカードに交換した場合、
1,000ポイントで5,000円分に交換できるので、
1P=5円の価値ということに(・ε・)
5円÷1000円でライフカードの還元率は
0.5%ということになりやす。

基本ポイントに対し、
ライフカードでは利用金額に応じて
ポイントの倍率が変わるステージ制を儲けており、
◆年間利用金額50万以上で
次年度の基本ポイントが1.5倍

◆年間利用金額150万以上で
次年度の基本ポイントが2倍

となっておりやした。

また【ボーナスポイント】として
お誕生月ポイントがあり、
ステージに関わらず誕生月は
【基本ポイント】の5倍となり、
1,000円で5P、
25円÷1000円で
還元率は0.5%→2.5%に跳ね上がりやす。
(人´∀`).☆.。.:*・゚
2.5%なんて還元率は今や超プレミアム物!
誕生日の月だけ使おうと
オイラは昨年カードを作った次第でございやす。

【新規入会キャンペーンポイント】
さらに、ライフカードは入会から1年は
ポイントが【基本ポイント】の1.5倍で
利用することができやす(≧∇≦)b
けれどもこの入会1年以内の
1.5倍の期間に誕生月が来ても
1.5倍+5倍=6.5倍とはなりやせん。
ガイドラインに
「新規入会キャンペーンポイント、
ステージポイント等と重複でのポイント付与は
ありません」
と明記されておりやす。

【悲報】
かつては「続きはWebで」のCMで
楽しませてくれたライフカードにも
とうとう改悪の時がやってきやした・・・。

2017年7月よりポイント制度が改悪

ライフカードポイントプログラムリニューアルのご案内より

要の誕生月5倍の改悪

2017年7月1日以降ライフカードを作った人は
誕生月に受けられるボーナスポイントは
5倍→3倍へと変更
となりやす。
ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

誕生月は3倍となると、
1,000円で3P、15円÷1000円で
誕生月の還元率は2.5%→1.5%となり、
オイラにとっては現在メインで使用しておりやす
「P-one Wizカード」の還元率と
変わらないということになりやす。

ライフカードはポイントの有効期間が長く、
5年持ち越せるため、
誕生月に買うものをなるべく集中させて
誕生月だけライフカードを使用。
還元率2.5%分のポイントで
例えば4万円のカード利用を5年間繰り返せば、
200P×5年で1,000Pとなり、
5千円相当のギフト券等と
交換することも可能であったのに、
3倍に改悪となり1.5%となると
同条件でも600Pにしかならず、
Vプリカなら3千円分の交換と下がりやす。
ショボーン(´・ω・`)
一体何のために作ったのか・・・。
誠に損した気分でございやす。

ただ、既存会員に対する配慮で

2017年7月より前にご入会した顧客に
対しては、延命措置があり、
2018年4月から3倍となりやす。

2017年7月より前にカードを作った人で、
2018年4月より前に誕生日を迎える人は
誕生月5倍の恩恵を受けられるラストチャンスが
まだ1回残っているという訳でございやすな
( ̄▽ ̄)ノ
オイラは幸いにも該当者。
次の誕生月に20万位
ライフカードで使ってやろうか?
そんな資金はねぇっ!!(泣)

ここもか!電子マネーへのチャージによる
ポイント付与の廃止の改悪

以下利用でのポイント付与が廃止となりやした。
「ライフETCカードのご利用」
「電子マネーへのクレジットチャージ
(楽天Edy、nanaco)」
「ライフカード社販売のJCBギフトカード」
ライフETCカードと
電子マネーへのクレジットチャージは
1,000円ごとに1Pの付与、
JCBギフトカードの購入は、
1000円につき0.5Pの付与がありやしたが
今後は利用してもポイント対象外となりやす。
( ´Д`)=3

各種交換商品への交換率も改悪

ポイント交換先への交換率も変更されやす。

JCBギフトカード
図書カードNEXT
QUOカード
JTB旅行券
mazonギフト券
Vプリカ への交換は、
5千円、1万円、5万円、10万円
と値段の幅がありやしたが、

10,000円以上の券種を廃止。

Vプリカ
590Pで3千円分に交換

600Pで3千円分に交換

Vプリカ
980Pで5千円分に交換

1,000Pで5千円分に交換

ANAマイレージクラブ
300Pで900マイルに交換

300Pで750マイルに交換

Gポイント
300Pで1,500Gポイント

300Pで1,200Gポイント

そして、以前は貯めたポイントを
家族間で分け合うことができておりやしたが、

廃止・・・_| ̄|○ il||li

ステージ制は見直しで改良(された?)

ただし、改善された点もあり、
ステージ制ポイントプログラムについては
上記の
◆年間利用金額50万以上で
次年度の基本ポイントが1.5倍

◆年間利用金額150万以上で
次年度の基本ポイントが2倍

これが
◆年間利用金額50万以上で
次年度の基本ポイントが1.5倍→変更無

年間利用金額100万以上で
次年度の基本ポイントが1.8倍
新設

◆年間利用金額200万以上で
次年度の基本ポイントが2倍→150万以上で2倍から
200万へとハードル上がる

と変更されるが、そもそも
年間100万もライフカードを利用するヘビーユーザーじゃなければ関係のない話であるし、
kotsukotsu的には
他の要の部分が改悪となっているのに、
ステージ制ポイントのハードルを下げたところで
改良・改善と言えるの?コレ?( ̄Д ̄ )
という感じで、
最早ユーザーはメインカードをライフカードにする
意味を見出だせずに
他のカードに乗り換えるでしょーよと思うのだが。
迷走している感が拭えない。

漢方スタイルクラブカード終了へ高還元カードが通る改悪→終了の末路と同様、
クレジットカードについては悲報ばかりで
寂しい限りでございやす(-ω- )

スポンサーリンク