クレジットカードで節約成功 P-one Wizカード編

スポンサーリンク

皆様、クレジットカードはお持ちでやすか?
( ̄▽ ̄)ノ

オイラはめっちゃクレカ持ちです。
でも、クレジットカードで得をするには
複数のカードを少しずつ使うより、
自分の需要と合致したカードを定めて
できるだけ集中させて利用した方が
ポイントが増え、
結果、お値打ちに買い物できたり、
サービスでの割引に利用できたりしやす。
(*´ω`*)

買い物はイオンしかしないなら、
イオンカード。
楽天で買い物をすることが多いなら
楽天カード。
マイルを貯めたいなら、
ANAやJALと提携したクレジットカードとかね。

あとは新規入会キャンペーン期間など、
特化した時期だけ
ポイント還元率が高くなるカードもありやすので、
その時期だけ使うという手もあり。

オイラのお気に入りカード①
色んなクレジットカードを
渡り歩いた結果、
現在のオイラにとって
一番需要に合うカードの1つ
ポケットカード株式会社発行の
『P-one Wiz』カード♪

『ファミマTカード』も
同じ会社の発行カードなんでっせー。

『P-one Wizカード』のメリット

・最大かつ他カードとの差別化となる
『請求時1%値引き!』
「ポイントとか良くわからないし、
PC使えないから貯まっても使えないわー」
というオイラの母親のような人でも
取りこぼすことなく利用還元を
享受できるカードでやす
(人´∀`).☆.。.:*・゚

さて、本当に請求時に1%引いてくれるのか?
証拠をお見せしやしょう。
下はオイラの実際の利用明細の
スクショでやす( ̄▽ ̄)ノ
100円以下分は切り捨て、
千円単位までの金額に対し1%が
自動的に割り引かれやす。

ホントだー引かれてる♪

おやおや?でも
41,000円の1%は410円じゃないかい?
(´・ω・`)
これは利用金額合計に1%をかけるのと、
利用金額個々に1%をかけるとでは
微妙に差額が出てくるのが原因ですな。

・年会費永年無料で
常時最高峰還元率1.5%!

通常時、
1.0%の値引き+0.5%のポイントとなりやす。
注:請求時1%割引特典のあるカードについては、
割引後金額から×0.5%なんだって。

年会費がかかるカードや、
複雑な利用条件によっては
1.5%を超える還元率で利用できる
カードはいくつかありやすが、
永年無料で
普通にショッピング払いで利用するだけでも
常時最高峰の1.5%なのは、
2017年3月現在
P-one Wizカードと
DCカード Jizile(ジザイル)だけ。
さて、
1.5%の還元率のうち、
1%は値引き、
残りは
1,000円(税込)につき1ポイントの
ポケット・ポイントとして貯まりやす。

これまた利用明細のスクショで確認。

40,913円から1,000円単位で1ポイントなのだから、
40,000÷1,000=40で
40P付与されておりやす( ̄▽ ̄)ノ

ややこしやーですが、
ポケット・ポイントはポイント交換する際、
交換するものによって
率が変わりやす(´・ω・`)
一番交換率が高いのがTポイントで、
ポケット・ポイント1Pで
Tポイント5P(=5円)となりやす。

なので、Tポイントに交換すれば
40P×5円で200円の儲けとなる訳ですな。

なので、後出しで申し訳ないが、
1.5%の内、0.5%分は
ポケットポイント分を
Tポイントに交換するのを前提とした
還元率ということですな。
ほんまややこしやー。

また入会から3ヶ月間は2.5%!Σ(゚ω゚)
以前は入会から6ヶ月だったのですがね(哀)
オイラはまだ入会3ヶ月以内なので
120Pのはずなのですが、
明細には40Pしか記載されておりやせん。
こちらもまた注意事項で、
注:3倍期間中のボーナスポイントは、
通常ポイント加算月の翌月に加算なんだってさ。
どこまでもややこしやー。

しかし2.5%とは美味しい♪
ポイント3倍の内にと、
バンバン利用させていただいておりやすよー。
( ̄▽ ̄)ノ

『P-one Wizカード』のデメリット

・P-one Wizは
ショッピングリボ払い専用カードです。

何もしなければ、自動的にリボ払いとなり、
高い金利をとられやすΣ(゚д゚lll)ガーン
でも大丈夫、
会員専用ネットサービスから
下の画面に入り、

「ずっと全額コース」の設定をすれば、
毎月全額で引き落とされ、
通常の一括払いと変わらない使用ができやす。

・1%値引きやポケット・ポイント
対象外のものもありやす。

【ポケットカードHPより抜粋】
1%OFF特典対象外のもの
サンリブ・マルショクグループ
ポケットカードトラベルセンター
電子マネーチャージ、金券類、
生損保等の各種保険料、
ETCカードのご利用分、
キャッシングご利用分」
他にも一部対象外のお取引もアリ。

ポイント対象外
「キャッシング、各種ローン、
一部保険料、年会費、
電子マネーチャージ、金券類購入」

これら対象外のものをカバーすべく、
オイラは別のカードも駆使し、
表題にあるように
お得にクレジットカードを使っておりやす。

その別カードについては次回で
( ̄▽ ̄)ノ

スポンサーリンク