マネックス証券が販売した参照株式株価連動債券 (任天堂株式会社)は早期償還で終了しそうな予感

スポンサーリンク

任天堂株価の推移と連動している
あの債券はどうなった?

以前、『参照株式株価連動社債』について
こちらの記事を書かせていただきやした。
高リスクな債券『参照株式株価連動社債』とは?

記事を書いた当時はまだ、
こちらの債券の当初価格の基準日となる
6月2日より前でしたので、
実質的な基準額を確認できなかったのですが、
「はて、あの債券は
その後どうなりそうなのか?」と
気になってみたので
改めてまた調べてみることに(・ε・)

『参照株式株価連動債券
(任天堂株式会社)』の詳細については
上記リンク先の記事を読んでいただければ
幸いでございやす。
前記事でも書いておりやすように
任天堂の社債ではございません!!
あくまで任天堂の株価を基準値としている
他社の債券ですので勘違いございませんよう。
( ̄▽ ̄)ノ

各基準価格を調べてみる

◆当初価格
条件設定日(2017年6月2日)の
参照株式の株価終値。
任天堂の2017年6月2日の終値は
33,540円でございやす。
Yahoo!JAPANファイナンスより参照
こちらの債券の
申込開始2017年5月12日時点の
任天堂株の終値が29,480円でしたので、
そこから半月経過して3万円台突破しておりやす。
この上昇推移が大幅なものなのか?
それとも普通なのか、
株知識に乏しいオイラには分からねぇ(汗)
ともかく
この債券は33,540円
基準値としてどうなっていくのか
見ていくということですな( ゚∀ ゚) ヘェ

◆早期償還判定水準
当初価格の105%(1円未満四捨五入)であり、
33,540円の105%は35,217円
年4回ある利払前の早期償還評価日
この35,217円という金額に達していたら
上限に達してOUT!終了~!でございやす。

◆ノックイン判定水準
逆に下回った場合は今度は元本割れのリスクに触れ、
これまた別の意味でOUT!終了~!となりやす。
。・゚・(ノД`)・゚・。
満期償還日の5営業日前(最終評価日)までに
1度でも
ノックイン判定水準を下回ったら、
元本割れとなって
2019年6月3日に償還される訳なのです。
ちなみにノック判定の水準値は、
当初価格の65%(1円未満四捨五入)ですので
33,540円の65%で21,801円となり、
任天堂株価がこの21,801円に達するか達しないかに
常に怯えていなければならないことになりやす。
(( ;゚Д゚))ブルブル

ノックインしなかった場合は、
満期時の償還金額は勿論元本100%ですが、
早期償還の条件に達した場合は、
ノックインの有無にかかわらず、
額面100%の償還金+直近利払日の利金の支払いで
早期償還され終了でございやす(-ω- )

で、現在の任天堂株価の
推移ってどうなの?

この記事を書いている直近の
2017年7月11日の任天堂株の終値は、
ぬわぁんと!!
36,060円でやすΣ(゚ω゚)
105%どころか、約107.5%
当初基準価格を上回っておりやす。
(( ;゚Д゚))

株価天井で売ることの凄さ

話は逸れるが、
これって、もし任天堂株を
普通に6月2日に
33,540円で100株購入して、
この記事を書いている7月11日の
終値である35,217円で
100株すべて売ったとしたら、
167,700円の利益。
それよりももっと凄いのが、
直近の任天堂株の天井は
2017年6月27日の終値39,320円。
この時に100株全部売ったとしたら、
578,000円の利益ってこと!?
( ° ¡¡ °)・:∴鼻血ブハッ!

さすが現在絶好調の任天堂株!
そして株ってスゲェェ
オイラも盤石な会社の株を
100株とか保有してみてぇ!!
株主優待や配当金生活してぇぇ!!
そんな生活はいつになったらできるように
なるのか?(´ε`;)

早期償還リスクは現実となるのか?

直近の早期償還評価日は2017年9月3日の
5営業日前、
つまり2017年8月28日月曜日の
任天堂株の終値が35,217円以上に達していたら
この債券は第1回の利払にて、
早期償還で終了チーン♪
という訳なのである。
っていうか、ド素人のオイラから見ても
その可能性は限りなく
高い気がしやす(-ω- )

年利率6.6%を謳っておりやすが、
やはり「早期償還を織り込んでの高利率だろーが!(`□´)ウラァ」と
イチャモンを付けたくなりやす。
やはりそんなに上手い話って無い?
果たしてこのような高リスクの債券の壁を
償還日まで乗り越えて十分に儲けられる確率って
どれ位のものなのだろう。

スポンサーリンク