WordPress記事を書く前にやっておくべき設定②ブログ収益化への道その7

スポンサーリンク

この記事作成時のWordPressの
versionは『WordPress 4.7.3 』です。
それに沿った設定となりやす。

デフォルトのプラグインをいじる

WordPressには既にデフォルトで入っている
プラグインがいくつか存在しやす。
すべてを有効化する必要もなく、
不要なものは削除した方が良いものもありやす。
見ていきやしょう( ̄▽ ̄)ノ

■Akismetを有効化

スパムメールを防ぐためのプラグインです。
必ず有効化しておきやしょう。
ただ、有効化ボタンをクリックしただけでは
すぐに機能しないのでチョイ設定が面倒。

Akismetを有効化する

有効化すると表示される上の青いBOXの
「Activate your Akismet account」をクリック

「APIキーを取得」をクリック

「Get an Akismet API key」をクリック

・E-mail Address:Eメールアドレスを入力
・Username:任意のID
・password:任意のパスワード
入力したら「sign up」をクリック

登録したアドレスにメールが届くので、
メール文に記載してある
青字の「Activate Account」をクリック

画面が開いて「activated!」と表示される
これで仮登録→正規登録となる。

「Sing into Akismet」をクリックしてログイン

BASIC
「Add Basic Subscription」をクリック

値段が表示されているので、
ボタンをスライドして一番左に移動させると
¥0となって無料で利用できるようになる。

「Create Subscription」をクリック

「Got it」をクリック

一番上の「AKISMET API KEY」
右のBoxにAPIキーが表示されるのでコピペ

WordPressの左メニュー
プラグイン→インストール済プラグインから
「Akismetの設定」をクリックし、
「手動でAPIキーを入力」の右のBOXに
コピペしたAPIキーを貼り付ける

「このキーを使用」をクリックすれば完了!!

■Hello Dollyを削除

歌の歌詞の一節をランダムに表示するプラグインで
全く不要なのでプラグインごと
削除しやしょう( ̄▽ ̄)ノ

■WP Multibyte Patchを有効化

日本語サイトの場合、有効化必須のプラグイン
こちらは、有効化をクリックするだけの簡単設定♪

設定の各種設定を行っていく

WordPress左メニュー
【設定】を上から順に設定。

◆一般設定

・サイトのタイトル:ブログ名
・キャッチフレーズ:ブログの簡単な説明
オイラのブログですと、
「守ってくれる会社もパートナーもいない
トホホな非正規社員アラフォー独女が、
お金だけには愛されようと日々生きていく奮闘記」
の部分となります。
・メールアドレス:WordPressインストール時に設定したURL
・サイトアドレス (URL):通常は上記と同じURLでOK
・メールアドレス:コメントやリンクが付いた時にお知らせで届くメール先
・メンバーシップ:チェックを入れると誰でもユーザー登録ができる。
セキュリティ上チェックは入れない方が良い。
・タイムゾーン:東京
・日付のフォーマット:お好みで選択
・時刻フォーマット:お好みで選択
・週の始まり:お好みで選択
・サイトの言語:日本語
ここまで入れたら変更を保存
👇

◆投稿設定

・投稿用カテゴリーの初期設定:デフォルトで未分類となっているが後で変更可能。
・デフォルトの投稿フォーマット:標準
・リンクカテゴリーの初期設定:何もしない
・メールでの投稿:メールで記事投稿したい時のみ
設定。
不要の場合は何もしない。ここで設定するよりも
『Jetpack』か『Ktai Entry』というプラグインを
使った方が便利かと・・・。
・更新情報サービス:デフォルトのまま何もしない。
ここまで入れたら変更を保存
👇

◆表示設定

1ページに表示する最大投稿数:お好みで。オイラは10にしていやす。
RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数:
記事公開を自分のブログの登録者に通知してくれる
機能だが、デフォルトで特に何もしなくて良い。
RSS/Atom フィードでの各投稿の表示:デフォルトの全文を表示で良い。
検索エンジンでの表示:チェックを入れると、
GoogleやYahoo!など検索エンジンに
インデックスしない様にできる。
まだWordPressの各種設定をしている段階では、
チェックを入れておいたほうが良いが、

記事公開の段階になったらチェックを外す。
ここまで入れたら変更を保存
👇
◆ディスカッション
◆メディア
この2つはデフォルトのままでOKです。
慣れればカスタマイズして
お好みに変えれば良いレベルの設定なので。
👇

◆パーマリンク設定

パーマリンクは各記事ごとのURLを
どう設定するのか決める設定です。

例えば、
この記事のURLは以下となっておりやすが、
http://kotsumoney.com/blog-income7
http://kotsumoney.comまでは常に固定。
blog-income7にあたる箇所を
毎回、投稿の度に決めて編集し設定おりやす。
ページのおよその内容がつかめるURLがSEO的に
良いとされているので、
記事内容に沿ったものに変えているという訳です。
オイラはパーマリンク設定で
カスタム構造でにしており、
記事の投稿名をいれると
最初は下の画像のようなURLとなりやす。

(投稿名を「とうこう」とし、
下書きとして保存するとパーマリンクが現れます)
しかし「 http://kotsumoney.com/とうこう」
では日本語でスマートではありやせんし、
自動変換されて長いURLになってしまうという
弊害があるようです。
そこで、編集ボタンをクリックして、
手打ちで英数字で入れ直すということをしています。

ちなみにパーマリンク設定で
他にチェックを入れたらどのような
パーマリンクになるのかというと、

・基本
http://kotsumoney.com/?p=1692&preview=true
・日付と投稿名
http://kotsumoney.com/2017/04/09/とうこう/
・月と投稿名
http://kotsumoney.com/2017/04/とうこう/ ‎
・数字ベース
http://kotsumoney.com/?p=1692&preview=true
・投稿名
http://kotsumoney.com/とうこう/
となりやす。
基本と数字ベースにチェックを入れた場合は、
編集ボタンは表示されず、
自動的に付与されたIDを使うことになります。

・カスタム構造は
右の白いテキストBOXに「%postname%」等
%■%の間に記号やタグを組み合わせて
指定することで
お好みのパーマリンクができるというもの
詳細は以下のサイトを参照ください。
パーマリンクの使い方

また、パーマリンク設定画面の
オプションについては、
特にカテゴリーベース、タグベースとも
デフォルト設定のままで
何も入れる必要はありません。
ここまで入れたら変更を保存
👇

プラグインをインストールして追加していく

■All in One SEO Pack

その名のとおり、
SEOをサポートしてくれるイントールらしいが、
正直これを入れることによって、
何をどうしてくれるのか未だに分かっていないオイラ
(°_°)
取り敢えず何かしらSEO対策のために
働いてくれるから入れとけって感じのプラグイン
プラグインの検索から
「All in One SEO Pack」をインストール

👇
有効化し、「設定の更新」をクリック
(SEO設定となっているかも)
👇
「一般設定」はデフォルトの設定のままでOK
👇
「ホームページ」設定
・ホームタイトル:ブログ名を入力
57文字近くあるのが理想。
・ホームディスクリプション:
ブログの概要說明を入力。
検索エンジンで、ブログ名の下に表示される
箇所。160文字近くあるのが理想。

いずれも最大文字数近く入れるとBOXが黄色に
なりやす。
・代わりに固定フロントページを利用する:
「無効」にしておく
👇
「タイトル」設定
・タイトルを書き換える:「無効」
・タグと検索タイトルを大文字にする:✔
👇
「カスタム投稿タイプ」設定
・カスタム投稿用のSEO:「有効」
・SEO を行う投稿タイプ:
「投稿」と「固定ページ」に✔
・詳細設定を有効化:「有効」
👇
「表示」設定
・カスタム投稿タイプの列ラベルを表示:
「投稿」と「固定ページ」に✔
👇
「ウェブマスター認証」
埋め込みタグを入れるとここでサイト認証できる
使うとしたら一番上の
Google ウェブマスターツール:に
Google Search Console
(旧名ウェブマスターツール)位だろうか。
👇
「Google設定」
Google+や
Googleアナリティクスと連動させたい時に
設定する。
が!!ここで注意!!
GoogleアナリティクスIDをここで入れて
他でもIDを埋め込んでいると、
二重コードとなり、
アナリティクスの解析結果の数値が
2倍となるため正確な結果が得られなくなりやす!!

WordPressは設定が多い為、
自分でも知らない間に二重で登録している可能性が多いにあり、
実際にオイラもやってしまいやした_| ̄|○ il||li
なのでここに入れた場合は
十分に注意してねという事です。
この事についてはまた記事にできればと
思っておりやす。
👇
「Noindex設定」
Googleの検索結果に表示させないための設定箇所。
✔したものは、
インデックスされない=検索結果に出てこない
ということでやす。
なぜこの設定を行うのかは、
インデックスさせるページが多すぎると、
クローラー回遊が不十分で
結果的にSEO的に良くないからだそうな。
✔をいれるのは
・カテゴリーをnoindexにする
・日付別アーカイブに noindex を使用
・投稿者アーカイブに noindex を適用
・タグをnoindexにする
・検索ページに noindex を使用
・ページ付けされたページ/投稿に
noindex を使用

ただし、
「カテゴリーをnoindexにする」と
「タグをnoindexにする」については、
投稿数やカテゴリー・タグ数がまだ
小規模の段階ではnoindex にしないという
選択もありかもしれやせん。
👇
「詳細設定」
・「ディスクリプションを自動生成」にだけ
チェック。
あとの項目は空欄のままにしておく。
👇
「キーワード設定」
・キーワードを使用:「無効」にチェック。
👇
「設定を更新」をクリック
ここまでで設定は完了!

お疲れ様でした( ̄▽ ̄)ノ
が、まだ追加するプラグインは多数ありまっせ
(ゼイゼイ・・・(( ;*д*))o=3=3)
ですが、これ以降のプラグインインストールは
先に「テーマ」を決めてからに致しやしょう!
次回へ!

スポンサーリンク