ドメインは俺だけの住所ブログ収益化への道その3

スポンサーリンク

なんでこのアイキャッチ画像だって?
インカム収入=資産を保有し続けることで
得られる収入。
そう、
ブログは資産なのじゃー!
(鼻息荒く)( ̄‥ ̄)=3
で、インカムっていたら
これ想像するでしょうよ

・・・ポカーン( ゚д゚)
ええ、どうせ単純な思考回路ですよオイラは。
悪かったな!

ドメインとは何ぞや?

無事レンタルサーバーを借りたら
次に行う事、
それは独自ドメインの取得。
ドメインとは、
一発で理解できる言い方をするとしたら
誰もが知っている
「yahoo.co.jp」これがドメイン。
誰にも知られていない
このブログのURL
http://kotsumoney.comの
「kotsumoney.com」
この部分がドメインというのさ。

つまり、
インターネット上でそのサイトに
辿り着くための住所
を指すものなのであーる( ̄▽ ̄)ノ

ちなみに
オイラのもう一つのブログのURLは
http://kotsukotsutomoney.blog.fc2.com/
これは「blog.fc2.com」がドメインにあたる。
FC2の無料ブログなので、
FC2様の住所に間借りして住んでいる
kotsukotsutomoneyはんのサイト
「kotsukotsuの0から貯金」
ということになる。

FC2やアメーバなど、
既に知名度アリすぎのドメインを
間借りする無料ブログは、
貸し元がメジャーなおかげで
最初から検索エンジンにあがりやすいが、
検索上位に上がることは至難の業。
一方独自ドメインは、
最初は記事がインデックスされず、
検索エンジンからの流入は
ほぼ見込めず状態(T_T)
ただ、時が経過すると
検索結果上位に上がる勢いは
無料ブログをドンドン超えていくようだ。

ドメインの末尾は色々あるが、
最も有名な「.co.jp」
これは法人用である。
個人用だと「.com」「.net」などなど。
特にどれだからアクセスが上がりやすいかとか
いうのはないらしいよ。
自分の考えたドメイン名+末尾で
誰か他に使っていないか確認し、
誰も使っていなればそれは貴方のドメインとして
取得できやす。

なんとドメインは売れる!

不要になった場合、
「中古のドメイン」として売却可能!Σ(゚ω゚)
買い手側のメリットとしては、
検索エンジンからの
評価を引き継げるので
最初からアクセス数を半端なく見込める。
これが独自ドメインで運営するサイトは
「資産」と呼べる所以なのだ。
買い手側「ただし人気サイトに限るな!」
当然、スペックが悪い・モテないサイトは
お呼びじゃない。
「kotsumoney.com様ですか?
申しわけありませんが、
値がつきませんでした。いかがされましょう?」
って、オイラが某リサイクルチェーン店にて
服を売った時と同じ扱いかよ!
「面倒くさいので処分してください」
エンド・・・(泣)

ドメインの取得方法

2通りあって、
その1
単特のドメイン取得専門会社にて取得
有名なのはお名前.comとかね。
メリット
・サーバーなくても取得できる。
・取得時・更新料が安め。

デメリット
・レンタルサーバーと連結させる作業が必要。

その2
レンタルサーバーの会社でついでに取得
メリット
・レンタルサーバーとドメインを結合する
作業が不要。

デメリット
・楽だが取得時や更新時の手数料が
単独のドメイン取得会社より高め。
オイラのように無料でドメインが取得できる
キャンペーン時を狙おう( ̄▽ ̄)ノ

ドメイン設定方法

自分にも他人にも
ggrks(ググれカス)スタンスなので、
オイラのブログでは基本的には
詳細な設定方法は載せたりはしない。
(単に面倒なのと、
途方もない作業に尻込みなだけ)

が、オイラが記載しなくとも、
世の中には神のような方々がいてだね、
スクショ付きで公式サイトの取説よりも
よっぽど視覚で分かりやすく説明してくださっている
サイトがゴマンとあるのだよ(*´ω`*)
そういうのを参考にしたまえ。
(全くもって意味不明な、
無能な奴の上から目線って実に不快だよな)

例えば
オイラがXserverでサーバー申込から、
ドメイン取得、WordPressインストールまで
迷わずにできたのは、こちらのサイトのおかげ
初心者でも迷わない!エックスサーバーでWordPressブログを開始するまでの完全ガイド
まるで
「kotsukotsu君、
分かるかな?稼げるサイトというのは
こういうサイトを言うのだよ」と
お手本を示されたかのよう
ハハーm(_ _)m

さて、レンタルサーバー・
独自ドメインまで完了したら、
いよいよWordPressに入りやす
( ̄▽ ̄)ノ

スポンサーリンク